大高博幸さんの 肌・心 塾
2018.10.8

御見舞いの品に悩んでいます。アトランダム Q & A 【 大高博幸さんの肌・心塾 Vol.468 】

Q1 初めまして。いつもコラムを拝読させて頂き、とりわけ 映画のレビューを楽しみにしています。
今回は、同じ大学院の研究室に在籍する 年下の友人への御見舞い品について、御相談させて頂きます。近日中に 友人が、口腔外科手術 ( 6 時間もかゝる手術です ) のために、10 日間ほど入院します。術後 1 ヵ月は流動食を採るコトになるらしく、御見舞いの品にも色々と制約がある感じです。3 年前、私自身が ある手術のために入院した際、その友人から 御見舞いを頂いたのですが、何が 彼女の術後の癒やしになるのかと、かなり悩んでいます。大高さんからアドバイスを頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。最後に、これからも大高さんのコラム、楽しみにしております。( クルツ、42 歳、混合肌、学生 兼 主婦 ) ( 勝手ながら、文の 一部に 手を加えさせて頂きました。御了承ください。 )

A Q メール、ありがとうございました
御見舞いの品の件で、かなり悩んでいるとのコト。ズバリ〝 大高流 〟に回答しますね。

① まず、お友だちが入院している間、できるだけ 毎日 or ヒンパンに、彼女の好みの花を 1 輪 携えて、病院に顔を出してあげてください。彼女が「 もう少し、いてほしい 」と望む以外は、なるべく短時間の面会にします ( 僕は 1 ヵ月近く、毎日 面会に出向いた経験があります。ひとりは 親しい友人、ひとりは 会社の部下でした。母親の入院の時は もっと長期に、1 日 2 回、会いに行っていました ) 。

② 順調に回復へと向かい、彼女が 多少なりともラクに話したり動いたりできるようになったら、次のように聞いてみます。「 手術の成功祝いに プレゼントを用意したいのだけれど、今、欲しい物、プレゼントされたら嬉しい物って何? 」。さらに、親しさの度合にもよりますが、「 プレゼントの予算は、いくらまでよ 」と 冗談めかして伝えます。

これは、御見舞いの品が 他の誰かからの物とダブったり、当人が 好みでない物を贈られて困惑したりするコトを避けるための方法で、僕は昔から、ほとんど 常に そうしてきました ( 結婚や出産祝いも含めて ) 。相手によっては 遠慮するばかり というケースも ゼロでは ありませんでしたが、気心の知れた相手であれば、明るく笑いながら 喜んでくださいます。
御見舞いの品に悩んで 考え抜いたとしても、ハズレるコトってあるでしょう? そんなの つまらないって 思いませんか? 〝 ハズレの可能性ありのサプライズ 〟なんて、僕は 極力 避けたいんです。

御参考までに、僕が 御見舞いの品を頂く立場ならば、そろそろ 次のボトルを買わなくては と考えている ゲランのシャリマーの香水 ( オードパルファンやトワレではなく、真のパルファン ) or シャリマーのボディパウダーであれば大喜び。本ならば、ぜひ読みたいと思っている 魯迅の短篇 or 中編を集めた文庫本。食品ならば、少し先の話になりそうですが、ジャン - ポール エヴァンのチョコレートの詰め合わせ、ウエストのドライケーキ ( たゞし、ジャム付きを除いた詰め合わせがベスト ) 、ニュージーランド産のマヌカヒーリングハニー、手作りのおいしいジャム。新しいパジャマも嬉しいけれど、サイズやデザインの問題があるので、その場合は 商品券が理想的 ( 笑 ) 。
そう言えば、15 年ほど前、J-WAVEでコンビを組んでいた アメリカ育ちの DJ・南 美布 ( みなみ みぶ ) さんは、僕との生放送中に、「 プレゼント? 私は絶対、現金がいゝ! 」と断言。ヘンにカッコつけない正直な美布ちゃんらしくて、スタジオ・ブース内のスタッフたちと一緒に 大笑いしたコトがあります ( リスナーにも大ウケでしたよ ) 。

もしも 遠慮深くて 希望を言えない相手であれば、季節柄、マフラーは いかゞでしょうか? たゞし、好みの色や素材のアレルギーの問題の有無を 考慮 or 確認した上で 用意すべきでしょう。そして、プレゼントを渡す時、僕なら「 お返しは 絶対、ナシにしてよね。OK? 」と念を押します。本当に、その必要は 100 % ないからです。僕のアドバイスは以上です。

では クルツさん、Good Luck! これからも 連載、読んでくださいね。

 

 

アトランダム Q&A企画にて、 大高さんへの質問も受け付けています。
質問がある方は、ペンネーム、年齢、スキンタイプ、職業を記載のうえ、こちらのメールアドレスへお願いいたします。
試写室便り等の感想や大高さんへのコメントもどうぞ!
[email protected]
( 個別回答はできかねますのでご了承ください。)

ビューティ エキスパート
大高 博幸
1948年生まれ。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメークを担当。『美的』本誌では創刊以来の連載「今月のおすすめ:大高博幸さんが選ぶベストバイ」を執筆。
■大高博幸さんの 肌・心塾

この記事をシェアする

Pinterest Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事