ヘアアレンジ・髪型
2017.12.12

簡単なのにおしゃれ♪ 「大人ローポニー」で360度美人に変身

この冬トレンドのビンテージ柄花柄ワンピ。髪を下ろしたままだと、ワンピの裾もヘアもふわっとしていてメリハリがありません。そこでおすすめしたいのがローポニー。ありきたりなひとつ結びでも、髪表面の動きひとつでどこから見ても色っぽいトレンドヘアになります♪

ビンテージ風花柄ワンピにはふわふわローポニーでニュアンスをつけてムーディに

re170909bi001_00491

%e5%95%86%e5%93%81
さらりとまとうだけで無条件に女っぽさを上げてくれる花柄ワンピ。でも花柄がもつ女子力の高さゆえに、その“甘さ”が“野暮ったさ”につながることも。だから髪はあえてひとつ結びでシンプルに。その分たっぷり空気感をもたせてムーディな印象に仕上げれば、ビンテージ風の柄にもマッチします。

p264%e2%91%a0

p264%e2%91%a1

p264%e2%91%a2

まずはこの仕込みを! ニュアンスベースの作り方

%e2%91%a0

1. 全体を外巻きにする
%e2%91%a1
細めに毛束を取って外側にねじり、コテで挟んで外巻きに。ニュアンスをつけるだけなので、キレイに仕上げなくてOK。多少巻いていない毛束があっても大丈夫!

2. トップの表面を軽く巻く
%e2%91%a2
せっかくのアレンジも、トップがペタっとしていると完成度が急降下。ふわっとボリュームを出すために、ガイド部分の毛束を細かく取り、写真のようにひと巻きして!

巻き終わるとこんな感じ!
%e2%91%a3

3. セミウエットスプレーを振る
%e2%91%a4
アレンジをおしゃれに見せるキモは、後れ毛&結んだときに表面に出る毛束感。必ずスタイリング剤を仕込むのを忘れずに。表面だけでなく、内側からもスプレーを。

syouhinn
ウエット質感スプレー。束感を作りながらもふわっと軽い仕上がり。
ミルボン ジェミールフラン スプレー SW 150g ¥1,600

4. くしゃっともみ込む
%e2%91%a5
3のスタイリング剤を髪全体になじませるように、くしゃっともみ込む。これをすることで、ゴムやピンの留まりが良くなり、アレンジに適した質感に。

 

簡単! ふわふわローポニーのアレンジ方法

1. 低い位置でひとつに結ぶ
p268%e2%91%a0
顔周りの後れ毛を分量多めに分け取ったら、全体を低めの位置でまとめてゴムで結ぶ。ムードのある雰囲気にしたいときには、“後れ毛たっぷり”がおすすめです。

 

2. 全体の毛束を引き出す
p268%e2%91%a1
全体の毛束を引き出し、表面が波打つようなニュアンスをつける。特に後頭部付近を大胆に引き出しボリュームを出すと、結び目がキュッとタイトに見えてメリハリUP。

 

3. 毛束を2本取り、ねじる
p268%e2%91%a2
端1/4くらいの毛束を取って2本に分けたら、それを毛先までねじる。後でくずすので、きつめにねじっておくのがコツ。うまくいかないときは、ワックスを軽くつけると◎。

 

4. 細かく毛束を引き出す
p268%e2%91%a3
毛束の先端を持ちながら、ねじった部分を所々細かく引き出す。ざっくりとでもOKですが、写真のように繊細に引き出すと、またひと味違う女らしい仕上がりに。

 

5. ゴムに巻きつけピンで留める
p268%e2%91%a4
毛束をゴムに巻きつけてピンで固定する。4で繊細に毛束を引き出したことで、ゴムに巻きつけたときにフラワー状の立体感が出て、バックスタイルがより女性らしく。

 

 

撮影/藤原 宏(pygmy company・人物)、五十嵐 洋(静物) ヘア&メイク/菊池かずみ(p-cott) スタイリスト/角田かおる モデル/土屋巴瑞季 デザイン/木原 彩 構成/野澤早織

この記事をシェアする

Pinterest Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事


proffitness.com.ua

https://antibioticlistinfo.com/

www.velomarket.org.ua/category/skladnye-velosipedy/