ヘアアレンジ・髪型
2019.3.10

簡単ヘアアレンジ|動きとヌケ感、豊かなボリューム感の「サイド先ねじりギブソンタック」

ぺたんとつぶれがち…髪が足りなくてタックできない…そんなお悩みを持つ柔らか髪タイプさんには、サイド先ねじりギブソンタックがおすすめ。シンプルアレンジでこなれ感を演出しましょう。

柔らか髪タイプは…サイド先ねじりギブソンタックで大成功!

p221-1
同じギブソンタックでも、少ない髪をなるべくボリュームUPして見せたいのが柔らかい髪タイプ。こちらは、両サイドの髪を先にねじってから、バックの髪とひとつに合わせて外巻き“ロール”するのがポイント。大胆なくらいに毛束を引き出しニュアンスをつけることで動きとヌケ感を出しつつ、豊かなボリューム感も出します。

p221-6
Front Style
前髪は自然にパラリと落ちる感じでOK

ヘアアレンジ方法

p221-4
【Key Point 1】サイドのねじりはほどけそうなくらい、大胆に引き出して
両サイドとバックの3つに髪を分け、ワックスを仕込んでからサイドの髪を耳上くらいから後ろに向かってねじる。同時に、ほどけそうなくらい大胆に引き出してニュアンスあるねじりに。

 

p221-5
【Key Point 2】グルグル外巻きにした“ロール”を押さえながらしっかりほぐす
両サイドにゆるっとしたねじりができたら耳後ろくらいでピンで仮留め。その毛先と残りのバックの髪を合わせて下から外巻きにくるくる巻き上げピンで固定。できた“ロール”を押さえて毛束を引き出し、ほぐす。

 

p221-3
【Key Point 3】“ロール”をしっかり押さえながら後頭部を引き出したるませて形良く
“ロール”をしっかり押さえながら後頭部の毛を引き出す。トップの毛は引き出さず、下にボリュームを出すことで形の良いAラインに。

 

『美的』4月号掲載
撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/大島 愛  モデル/吉田紗世 構成/中尾のぞみ、多喜景子

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事