ヘアスタイル・髪型
2018.10.15

長め前髪の“浮遊感ウエーブ”で、いつもの巻き髪ロングを今っぽ可愛いくアップデート!

胸元でゆれる巻き髪ロング。それだけで可愛いといわれ、かつてはモテ髪の代名詞とも。でも今は可愛いが多様化する時代。とりあえず裾を巻いただけのロングでは、可愛いともおしゃれとも言えません。そこで「それでもやっぱり巻き髪ロングが好きー」という人のための、今っぽ可愛い作り方をレクチャーします! ポイントは、浮遊感。表面に浮いているような、ふわっとした立体感ある毛束が可愛く見せるカギに。これは裾ではなく顔周りに作るのがマストです。巻きはラフにくずしたウエーブに。また前髪は長めに流しヌケ感を作って大人っぽく。顔周りの浮遊感でひし形の立体的なシルエットを作り、さらに前髪で大人っぽさを演出。これができるとただの巻き髪がグッとおしゃれになり可愛らしさUP。マスターしていつもの巻き髪を今っぽくアップデートしましょう!

顔周りの毛束の浮遊感と長めの流し前髪。これで今っぽ可愛い巻き髪に

afloat-japan%e6%b5%ae%e9%81%8a%e6%84%9f%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%96%e2%91%a0%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

【How to“ベース&カラー”】

胸丈で前上がりにカット。毛束に浮遊感を出しやすくするため、表面にしっかりレイヤーを入れます。裾が軽くなると古い印象になるので、裾には入れないで。前髪は目の下より長め、流しやすくするため隙間を作るようにカット。こめかみ部分の毛束は長めに残し、自然にサイドに流すと小顔に見えます。カラーは9トーンのモノトーンフォギーベージュ。赤みを抑えたグレージュカラーで透明感と柔らかさがあります。ふわっとした毛束に透け感を出し、より軽やかに見せる効果も。

 

afloat-japan%e6%b5%ae%e9%81%8a%e6%84%9f%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%96%e2%91%a1%e3%83%aa%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba

【How to“スタイリング”】

トップの毛束は持ち上げながら乾かすとふわっとします。裾はバサバサッと手ぐしを通しながら乾かして。前髪を持ち上げ、マジックカーラーで内巻きに巻いておきます。32㎜のアイロンで、全体の毛束の中間から毛先に向かって内・外ランダムに巻いて。顔周りは輪郭に沿うようリバースに巻くと小顔に見えます。表面のレイヤーの入っている毛束をところどころ取り、内・外ランダムに巻きをプラスします。これが浮遊感のある毛束に。前髪のカーラーを外し毛先をサイドに流します。流れにくい人は毛先だけアイロンでサイドに流して。巻いた全体の毛束の内側から手ぐしを通し、空気を入れるようにしっかりほぐします。柔らかな質感になるミルクワックスを全体的にもみ込み、さらに表面をふわっとさせ浮遊感のある毛束を作れば完成です。
巻きはほぐすので、きれいに作ろうとしなくてOK。とにかく表面をふわっとさせるようにスタイリングを意識すれば、可愛いのレベルは格段に上がります。ちょっとしたテクニックで印象が変わるのでぜひマスターを!

 

afloat-japan%e5%86%85%e8%a6%b3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2
サロン名:AFLOAT JAPAN(アフロート ジャパン)
担当サロンページはこちらから
AFLOAT JAPAN(アフロート ジャパン)

 

ヘアスタイリスト/中島明日香(AFLOAT JAPAN) モデル/兼島彩香 文/上村ゆう子

この記事をシェアする

Pinterest google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事


анаболические стероиды

Туринабол

https://massagerxla.com