ヘアスタイル・髪型
2018.10.25

ロングヘア×レイヤースタイル【23選】|今どき段カットの切り方、ハイレイヤー&ウルフカット、パーマ、ストレートスタイル

レイヤースタイルやウルフカットが今また再熱中!段カットで作る程よい重さの今どきレイヤー×ロングヘアスタイルを一挙にご紹介。

【目次】
ロングヘアの今どき段カットの切り方
ハイレイヤー&ウルフカットのロングヘアスタイル
パーマ×レイヤーで大人かわいいロングヘアに!
ストレートのロングスタイルはレイヤーで重くならない!

ロングヘアの今どき段カットの切り方

剛毛さんの悩みを解決するレイヤーカット

剛毛さんの悩みを解決するレイヤーカット
新井友理さん・・・多い・太い・硬いの3重苦髪。しかも乾燥するので広がる。カットをサボると、ボワッと感がひどい…。

\BEFORE/

・軽くしようとして、表面にレイヤーを入れる程広がりやすくなります!
・重さは残しながら、裾になじむ程度にレイヤーを入れるだけに。
・表面をなめらかにする分、内側の毛量はしっかり減らして収まり良くすることが大事。

剛毛さんの悩みを解決するレイヤーカット
\AFTER/

・表面は段を入れず、なめらかに。
・内側の毛量をしっかり減らす。
・毛先にほんの少しだけレイヤーを入れる。

美的世代の憧れへアを大解剖!美ヘアスタイルに近づく最強メソッドとは…

レイヤーで動きをつけやすくしたかき上げヘア

レイヤーで動きをつけやすくしたかき上げヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・トップのふんわり感・裾の大きめカール・ツヤ感がかき上げ前髪をこなれて見えるポイント!かっこいい女性の髪型の代名詞といえば、かき上げ前髪。サッと前髪をかき上げて毛先をバサバサッと揺らせば、それだけでイッキにこなれた印象に。

・でもこの無造作に行う一連の流れ、実はベースの髪型がキマってないとただキツく見えたり、古く見えたりするキケンが…。というのもかき上げ前髪がこなれて見えるのは、トップがふんわり&毛先に大きめのカールがついているときなんです。

・トップがペタッとしているとかき上げても立体感が出なくて古く見えるし、ストレートだと見た目のキツさが目立ってしまいます。さらにもう一点、かき上げ前髪をこなれて見せるポイントをいうなら、ツヤ髪であること。かき上げたときに動く毛先がパサついているとドラマティックさ半減以下です。

・これらをまとめると【1】トップふんわり 【2】大きめカール 【3】ツヤ髪 であることが、かき上げ前髪をこなれて見せる今どきルール。この3つをクリアした今どきおしゃれなかき上げ前髪を、これまたかき上げ前髪と相性抜群なセミロングでご紹介します!

\How to ベース&カラー/

・鎖骨下3㎝、やや前上がりにカット。カールの動きを出しやすくするため、顔周りと耳より上の広めのトップにレイヤーをたっぷり入れます。カラーは9トーンのセンシュアルブラウン。

・センシュアルとは、気品や知性をもつ色っぽさの意味。ギラつかず肌をキレイに見せる赤みを含むブラウンで、上品な大人っぽさを演出します。なによりツヤが際立つカラーなので、髪にくすまずきれいなツヤを与えたい人におすすめ。

レイヤーで動きをつけやすくしたかき上げヘア
\How to スタイリング/

・前髪を含むトップの毛束を持ち上げ、地肌を指の腹でこすりながら乾かすと、分け目がパカッと割れずふんわりしたトップになります。32㎜のアイロンで全体の毛先を2回転内巻きに。次に耳より前の毛束を、先ほど巻いた毛先より上の部分から1回転内巻きに。さらに後頭部の毛束をトップから上に引き出し、中間まで内巻きに。

・レイヤーが入っている裾全体に動きをつけたいので、後頭部から耳後ろを横ラインで4〜5回に分けて表面を繰り返し巻きます。全体を巻いたら手ぐしでカールをバサバサッと崩し空気感を出して。ソフトワックスとツヤの出るオイル系のワックスをMIXし、カールを中心に揉み込めば完成です。

・レイヤーが入っているのでカールの動きが出やすく、かき上げたときリッチなボリューム感に。セミロングは女性らしさもありつつ、もたつかない長さなのでかき上げ前髪と相性抜群。先に記述した3つのルールにプラスして、セミロングを合わせることもおすすめします!

セミロングがこなれる! “かき上げ前髪”を今っぽく見せる3つのルール

毛先や顔周りのレイヤーがポイント

毛先や顔周りのレイヤーがポイント
\ヘアスタイルのポイント/

・憧れの欧米人風のランダムな毛流れで、気だるげでおしゃれな表情。
・厚みを残して毛先をパツッとカットしながらも、動きを引き出したい顔周りや毛先にレイヤーを入れてポイントに。
・極ゆるのウエーブを加えると、ちょうどいい落ち感が表現できます。

\SIDE/

毛先や顔周りのレイヤーがポイント
\BACK/

毛先や顔周りのレイヤーがポイント

どんな顔型や髪質にも合う小粋な脱力ウエーブ

表面に軽くいれたレイヤーで小顔に

表面に軽くいれたレイヤーで小顔に
\ヘアスタイルのポイント/

・こめかみ部分のサイドバングが長いと、輪郭が隠れて小顔に見えます!カールを崩したようなラフな毛先がおしゃれですが、チェックすべきところはそれだけではありません。

・この髪型は、人気サロン『AFLOAT WORLD』独自の前髪カット技術“サイドバングカット”が施されており、それによりキュッと小顔に見えるんです。サイドバングとは、横の前髪=目と耳の間のこめかみに落ちる前髪のことで、この部分のカットに特徴があります。

・正面の前髪よりこのサイドバングを長く残しており、この毛束が輪郭や頬を隠し顔の面積を小さく見せています。さらにエラを隠したり丸顔の頬横の膨らみを隠したりと、輪郭や骨格を矯正したように見せる効果もあり。

・これにややボリューム感のあるセミロングを合わせれば、顔が引き締まって見えさらに小顔効果倍増。ボリュームといってもカールをくずしているラフウエーブなので重たく見えずこなれた印象に。

\How to ベース&カラー/

・胸上5㎝。やや前上がりにカットし、顔周りと表面にレイヤーを。毛先にはレイヤー入れず重ためにすると今っぽいセミロングに。前髪は、正面は目にかかる長さでカット。

・目と耳の間のサイドバングはあごラインでカットし、正面の前髪と自然に繋げます。頬骨にかかる、サイドバングのやや斜めのラインが小顔効果のカギに。カラーは10トーンのシナモンベージュ。

・明るめですが赤みのないくすみ系のベージュなので落ち着いた印象に。透明感がありどんな肌色にもなじみます。

表面に軽くいれたレイヤーで小顔に
\How to スタイリング/

・前髪のクセが強い人は、乾かすときに前髪を粗目のくしで左右にとかしながら乾かして。前髪がパカッと割れずにふんわりします。32㎜のアイロンで、全体の毛先を内巻きワンカール。

・次に耳より後ろの後頭部表面の毛束を持ち上げ、高い位置で毛先から中間まで内巻きに。さらに耳より前の毛束を縦にふたつ分け、内巻きにした毛先より上の部分を巻きます。

・顔周りになる手前の毛束は外巻き1回転、奥の毛束は内巻き1回転に。全体のカールに手ぐしを通しバサバサとくずすと、今っぽい程よいボリューム感のラフウエーブに。

・パサつき防止用にオイルを1:1で混ぜたソフトワックスを毛先から中間に向かってもみ込み、手に余ったワックスで前髪の毛先にも軽くもみ込みます。サイドバングで輪郭を隠すよう整えれば完成です。確実に小顔に見せ、輪郭のコンプレックスも解消させる魅力的なヘア。

独自のカット技術をSCOOP! 小顔に見えるセミロングの秘密は“サイドバングカット”にあり

秋冬におすすめレイヤーロングヘア

\レイヤーバリエ/

・毛束に段差をつけ、エアリーで軽快な動きを際立てるレイヤースタイル。
「レイヤーと言っても、以前に流行した、毛先がスカスカでくびれのあるウルフとは違うもの。低い位置から段差をつけるので、ニュアンスが足されるくらい」(GARDEN Tokyo・津田さん)。

・毛先に重さがありながら抜け感が加わり、カジュアルでこなれた着こなしとのバランスも良好。
「作り込まなくても形が決まるから、自然体の女性像に」(heel・力石さん)というのも、魅力的。

秋冬におすすめレイヤーロングヘア
トップから落ちるレイヤーを入れ余裕のある女っぽさをのぞかせて。

秋冬におすすめレイヤーロングヘア
フェースラインを包み込んで毛先は遊ばせるマッシュレイヤー。

真似できる!今秋のトレンドのヘアスタイル6選☆

ヘルシーで色っぽいレイヤーロングスタイル

ヘルシーで色っぽいレイヤーロングスタイル
\ヘアスタイルのポイント/

・前髪は、流す方向と逆に引き出し、頰下で斜めにカットしておくと、毛先にニュアンスがついて、アイロンで巻いたときにちょっぴり華やかな 雰囲気。
・落ち感のあるレイヤーを加えたセミロングとの相性も抜群で、嫌みのない女性らしさが際立ちます。

\SIDE/

ヘルシーで色っぽいレイヤーロングスタイル
\BACK/

ヘルシーで色っぽいレイヤーロングスタイル

アシメトリーな前髪がヘルシー&セクシーな表情

ハイレイヤー&ウルフカットのロングヘアスタイル

レイヤーで作る浮遊感が今どきロング

レイヤーで作る浮遊感が今どきロング
\ヘアスタイルのポイント/

・顔周りの毛束の浮遊感と長めの流し前髪。これで今っぽ可愛い巻き髪に。胸元でゆれる巻き髪ロング。それだけで可愛いといわれ、かつてはモテ髪の代名詞とも。でも今は可愛いが多様化する時代。

・とりあえず裾を巻いただけのロングでは、可愛いともおしゃれとも言えません。そこで「それでもやっぱり巻き髪ロングが好きー」という人のための、今っぽ可愛い作り方をレクチャーします! ポイントは、浮遊感。

・表面に浮いているような、ふわっとした立体感ある毛束が可愛く見せるカギに。これは裾ではなく顔周りに作るのがマストです。巻きはラフにくずしたウエーブに。また前髪は長めに流しヌケ感を作って大人っぽく。

・顔周りの浮遊感でひし形の立体的なシルエットを作り、さらに前髪で大人っぽさを演出。これができるとただの巻き髪がグッとおしゃれになり可愛らしさUP。

\How to ベース&カラー/

・胸丈で前上がりにカット。毛束に浮遊感を出しやすくするため、表面にしっかりレイヤーを入れます。裾が軽くなると古い印象になるので、裾には入れないで。

・前髪は目の下より長め、流しやすくするため隙間を作るようにカット。こめかみ部分の毛束は長めに残し、自然にサイドに流すと小顔に見えます。

・カラーは9トーンのモノトーンフォギーベージュ。赤みを抑えたグレージュカラーで透明感と柔らかさがあります。ふわっとした毛束に透け感を出し、より軽やかに見せる効果も。

レイヤーで作る浮遊感が今どきロング
\How to スタイリング/

・トップの毛束は持ち上げながら乾かすとふわっとします。裾はバサバサッと手ぐしを通しながら乾かして。前髪を持ち上げ、マジックカーラーで内巻きに巻いておきます。

・32㎜のアイロンで、全体の毛束の中間から毛先に向かって内・外ランダムに巻いて。顔周りは輪郭に沿うようリバースに巻くと小顔に見えます。表面のレイヤーの入っている毛束をところどころ取り、内・外ランダムに巻きをプラスします。

・これが浮遊感のある毛束に。前髪のカーラーを外し毛先をサイドに流します。流れにくい人は毛先だけアイロンでサイドに流して。巻いた全体の毛束の内側から手ぐしを通し、空気を入れるようにしっかりほぐします。柔らかな質感になるミルクワックスを全体的にもみ込み、さらに表面をふわっとさせ浮遊感のある毛束を作れば完成です。

・巻きはほぐすので、きれいに作ろうとしなくてOK。とにかく表面をふわっとさせるようにスタイリングを意識すれば、可愛いのレベルは格段に上がります。ちょっとしたテクニックで印象が変わるのでぜひマスターを!

長め前髪の“浮遊感ウエーブ”で、いつもの巻き髪ロングを今っぽ可愛いくアップデート!

ラフで媚びないボリューミーハイレイヤー

ラフで媚びないボリューミーハイレイヤー
\ヘアスタイルのポイント/

・胸上ラインで自然な前上がりにカットします。ハチ下はまとまりやすくなるようにレイヤーを入れた後、ハチ上に2段目のレイヤーを入れて立体シルエットを強調。
・仕上げはハイレイヤー部分に縦にハサミを入れて、ざっくりニュアンスを与えます。

\SIDE/

ラフで媚びないボリューミーハイレイヤー
\BACK/

ラフで媚びないボリューミーハイレイヤー

媚びない女っぽさを醸し出すラフなボリューム感を!

ハイレイヤーぎみでロングに軽やかさをプラス

ハイレイヤーぎみでロングに軽やかさをプラス
\ヘアスタイルのポイント/

・前髪の透け感と裾のリバースカールが軽やかさのカギに!前髪に透け感があり裾がくびれたこちらのスタイル。特に注目すべきは前髪で、薄くカットしているのでおでこが透けて見え、パッと見で軽やかな印象を与えます。

・また長めにカットしているので、前髪を下ろさずに搔き上げれば“前髪ナシ”のスタイルに見せることも。この2Wayバングにより、重たくなりがちなロングを軽く見せることができます。

・さらに顔周りのリバースカールで毛先がふわっと揺れた印象に。首元でくびれているのも重たく見せないポイントです。

\How to ベース&カラー/

・裾は胸丈、前上がりでもみあげに繋がるようにカット。くびれを作りやすくするため、トップと表面にレイヤーを入れ軽さを出します。前髪はうすく取り隙間を作りながら目の下でカット。前髪とサイドは自然に繋げます。

・カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。ブルーカラーが入っているので、透明感やツヤ感が際立つ色に仕上がります。ロングは明る過ぎると派手に見えてしまい、重た過ぎると暑苦しい印象に。トーンを抑えつつ、透明感やツヤ感のあるカラーで明るく見せることがマストです。

ハイレイヤーぎみでロングに軽やかさをプラス
\How to スタイリング/

・全体の毛先を太めのアイロンで、毛先がランダムに揺れる1.5回転の内巻きに。レイヤーが入っているので自然とくびれスタイルが作れます。顔周りは毛先がラフに揺れるようにリバースカールをプラス。

・前髪はやや上に引き上げ、マジックカーラーで根元から巻き付けます。5分後くらいに外せば毛先がサイドに流れる前髪に。

・2Wayバングのもうひとつ、前髪ナシのスタイルにするには、カーラーで巻かずにサイドの毛束と前髪を合流させてかき上げればOK。

前髪は下ろしてもかき上げてもOK! “2Wayバング”で夏のロングを軽やかに

レイヤーロング×プチバング

レイヤーロング×プチバング
\ヘアスタイルのポイント/

・レイヤーを入れて動きをつけた、鎖骨下7cmのロング。
・平巻きとミックス巻きを合わせ、緩く自在な毛流れに。
・オリーブベージュカラーで、スモーキーな柔らかさを加えて。

前髪カタログ|前髪なし、短めor長め前髪…あなたに似合うのはどれ?

ハイレイヤーでメリハリをつけたストレートロング

ハイレイヤーでメリハリをつけたストレートロング
\ヘアスタイルのポイント/

・元々ストレートパーマをかけているため、アイロンで巻いてキマるスタイルに調整。
・前髪に立ち上がりをつけ、トップにボリュームを出すことで立体的に。
・カラーは自然なアッシュブラウンで透明感を訴求。トップの立ち上がりをもたせるように根元をブローするのがコツ。

ハイレイヤーでメリハリをつけたストレートロング
\カールの重なりが シルエットをキレイに/

・顔周りや毛先にレイヤーを入れることで、ストレートパーマでまとまりすぎた髪にメリハリが。
・巻かなくてもサマになりそう。

段をつけたカットで全体を美しいシルエットに

自在な動きが魅力のパーマ×ハイレイヤー

自在な動きが魅力のパーマ×ハイレイヤー
\ヘアスタイルのポイント/

・顔周りの短い髪を頰の位置で設定し、トップからレイヤーを入れます。
・すきバサミはあまり使わず、顔周りの毛束感を残すように調整。
・ベースはデジタルパーマで全体を中間巻きに。
・長さも動きも欲しいという人には、ウルフ×パーマの組み合わせがおすすめ。

\SIDE/

自在な動きが魅力のパーマ×ハイレイヤー
\BACK/

自在な動きが魅力のパーマ×ハイレイヤー

自由奔放に動くカールがエフォートレスな魅力をUP

パーマ×レイヤーで大人かわいいロングヘアに!

顔周りレイヤー×デジタルパーマで大人かわいく

顔周りレイヤー×デジタルパーマで大人かわいく
\ヘアスタイルのポイント/

・デジパで毛先に“内巻きワンカール”!パーマなので時間が経っても取れる心配なし。「かわいい系が好きだけど、子供っぽくなるのはちょっと…」という人におすすめしたい大人かわいいスタイルがこちら。

・かわいいヘアの代表、内巻きカールでも、ゴロンとしない毛先のみのワンカールなので甘さ控えめです。また顔周りにレイヤーが入っているので毛先に動きが出しやすく、程よくカジュアルな印象に。幼くなりがちな前髪は、長めに作って流しているので大人っぽさ◎。セミロングの丈感は女性らしさを際立てます。

・“内巻き、前髪、セミロング”。どれもかわいい系の髪型を作る大切な要素ですが、絶妙なさじ加減によりただかわいいだけでなく、大人っぽい印象にも。まさに大人が求める、大人かわいいスタイルです。

・またこのカールはデジタルパーマで作っているのでスタイリングは簡単。時短で作れるスタイルなので、朝が忙しい働き女子にもおすすめです!

\How to ベース&カラー/

・裾は鎖骨丈、顔周りはあごラインからレイヤーを入れ前上がりにカット。トップにも少しレイヤーを入れシルエットに丸みが出し、柔らかい印象を作ります。前髪は軽く流せるように薄めに取り、目の下5㎝くらいでカット。

・全体の毛先に内巻きワンカールのデジタルパーマをon。前髪の毛先にもパーマをかけます。マジックカーラーで巻いたような柔らかさにしたいので、ロッドは太めを選ぶことが必須です。

・カラーは11トーンのスモーキーベージュ。やや明るめのトーンですがくすみ感があるので軽く見えず、上品さを保ちながら華やかな印象を与えます。

顔周りレイヤー×デジタルパーマで大人かわいく
\How to スタイリング/

・ドライヤーでトップの根元を立ち上げるように乾かしてから、前髪を7:3に分けます。後頭部の中央で全体を左右に分け、毛束をざっくり取り内巻きにねじりながらドライ。

・このひと手間でカールが復活しやすくなり、持ちも良くなります。前髪も毛先をねじりながら乾かし、サイドに流して。デジタルパーマと相性の良い、水分の多いムースを全体の毛先にもみ込みカールを整えれば完成です。

・ワンカールの毛先は動かし方次第で内巻きにも外巻きになるので、外ハネを多く作ればよりカジュアルな仕上がりに。セミロングなので結ぶこともでき、アレンジの幅が広いところも◎。時短で大人かわいいが手に入るだけでなくアレンジも楽しめる、嬉しいが詰まったスタイルです!

“デジタルパーマ×長め前髪”は最強!セミロングの忙し女子が時短で大人かわいくなれる方法って?

レイヤー効果で重さをクリアにしたウェーブスタイル

レイヤー効果で重さをクリアにしたウェーブスタイル
\ヘアスタイルのポイント/

・いろいろな巻き方を混ぜることで、イレギュラーな動きをもたせています。
・顔周りにはレイヤーを入れ、ボリューム感をセーブ。前髪は作らず大人っぽく。
・髪をかき上げる仕草が女らしさを醸し出します。
・髪色はアッシュ系ブラウンにバイオレットをプラスし、ツヤ感を強調。

\BACK/

レイヤー効果で重さをクリアにしたウェーブスタイル
\SIDE/

レイヤー効果で重さをクリアにしたウェーブスタイル

癒し系ウエーブ

レイヤー×パーマでちょうどいいボリューム感

レイヤー×パーマでちょうどいいボリューム感
\ヘアスタイルのポイント/

・トップからすそまで、ストンとなめらかに落ちるシルエット。
・顔周りのレイヤーとパーマによって、すそに程よいボリューム感を残します。
・面のツヤとカールの動きとの対比が上質感を出し、大人印象の決め手に。
・髪色は温かみのあるオレンジベージュで、表情も和やかさが出ます。

\BACK/

レイヤー×パーマでちょうどいいボリューム感
\SIDE/

レイヤー×パーマでちょうどいいボリューム感

ツヤとカールでメリハリ

軽めのレイヤーとゆるいパーマでリラックスロング

軽めのレイヤーとゆるいパーマでリラックスロング
\ヘアスタイルのポイント/

・前髪は厚く長めにとり、髪全体に軽くレイヤーが入っています。
・パーマはかなり緩く、エアリーで奥行き感のある、Aラインシルエットに。
・髪色は明るめのアッシュブラウン。
・髪色をシックに抑えることで、甘すぎないように調整し、大人のかわいらしさをアピールします。

\BACK/

軽めのレイヤーとゆるいパーマでリラックスロング
\SIDE/

軽めのレイヤーとゆるいパーマでリラックスロング

リラックスウエーブ

ハチ上とサイドのレイヤー×ホットパーマ

ハチ上とサイドのレイヤー×ホットパーマ
\ヘアスタイルのポイント/

・キレイめな印象にまとめながら、パーマの動きでラフさを加えたカジュアルなレディスタイル。
・全体をグラデーションカット、ハチ上とサイドにはレイヤーを入れ、中間~根元は軽さが出るようにカットしています。
・顔周りに深めから作った前髪でふわっと女性らしさも演出。

ハチ上とサイドのレイヤー×ホットパーマ
毛先の緩い動きで華やかで柔らかい雰囲気に。大きめカールが出やすいホットパーマ。ねじりながら乾かすだけでスタイリングも簡単。

ゆるニュアンスパーマで女性らしい印象に !

ストレートのロングスタイルはレイヤーで重くならない!

くせ毛を活かしたレイヤーベースロングヘア

くせ毛を活かしたレイヤーベースロングヘア
\ヘアスタイルのポイント/

・鎖骨下15㎝、動きやすいレイヤーベース。
・くせ毛にはストレートパーマより、質感だけをサラッと変えるトリートメントがおすすめ。
・くせ毛のニュアンスを残しながら髪質が柔らかくなり、簡単に外国人風のこなれ髪に。

\SIDE/

くせ毛を活かしたレイヤーベースロングヘア

くせ毛を活かしたレイヤーベースロングヘア

トリートメントでくせを緩く抑えるだけ! 外国人風のこなれヘア

表面と顔周りに軽いレイヤーを入れたアンニュイロング

表面と顔周りに軽いレイヤーを入れたアンニュイロング
\ヘアスタイルのポイント/

・たゆっとした毛先×ウエットな質感が今どきおしゃれ!ロングが好き。でも巻き髪、外ハネ、ゆるウエーブには飽きちゃった…。そんな人は、クセ毛みたいなカールの“たゆっとロング”を試してみては?

・たゆっとロングとは、基本はストレートだけど毛先だけど“たゆっと”ゆるくうねったようなカールのヘア。アンニュイな印象でおしゃれ度◎です!ストレートヘアの人は毛先だけワンカール巻く、クセ毛の人はクセをいかすだけでOK。でもただゆるいカールなだけで、パサつきがあればズボラ感が出てNG。

・ウエットな質感のスタイリング剤でしっとりさせることが今っぽく仕上げる絶対条件です。スタイリングに時間をかけない、今っぽおしゃれなたゆっとロング。秋ファッションにも映えるアンニュイヘア。

\How to ベース&カラー/

・胸上でカットし、動きを出しやすくするため表面と顔周りを中心にレイヤーを。裾にはレイヤーを入れず、重たさを残すことが今っぽいロングに見せるコツです。前髪は目力を強調するため眉下ギリギリでカット。

・サイドにつながるこめかみ部分の前髪をやや長くすることで、パッツン系でもなじみやすくなります。カラーは赤みを消しながら柔らかい印象に見せる9トーンのフォギーベージュ。明る過ぎず、しっとりした質感とも相性抜群です。

表面と顔周りに軽いレイヤーを入れたアンニュイロング
\How to スタイリング/

・ハンドブローで整えながら乾かします。ストレートヘアの人は38㎜など太めのアイロンで毛先を軽くワンカール内巻きに。さらにトップの毛束を少量取り、根元付近を軽く巻くとクセ毛っぽい毛流れを作れます。

・もともとクセ毛の人はそのままでOK。オイルやシアバターなどを髪全体になじませ、しっとりした質感に仕上げます。前髪の毛先にもなじませ束感を作ると◎。顔周りの毛束を残し、軽く耳掛けをすれば完成です。

・スタイリング剤でカールがなじむので、キレイに巻かない方がおしゃれに仕上がるたゆっとロング。柔らかさ、アンニュイさ、今っぽさが簡単に手に入るこの秋イチオシのスタイルです!

頑張らないストレートの“たゆっとロング”がアンニュイおしゃれ!

重めのレイヤースタイルで雰囲気女子に

重めのレイヤースタイルで雰囲気女子に
\ヘアスタイルのポイント/

・バストラインのロングの顔周りにレイヤーを入れた、やや重めのスタイル。
・太めのアイロンで毛先はワンカール、表面はミックス巻きにしてエアリーに見せて。

前髪カタログ|前髪なし、短めor長め前髪…あなたに似合うのはどれ?

ハチ上レイヤーで作る適度な重さの秋ロング

ハチ上レイヤーで作る適度な重さの秋ロング
\ヘアスタイルのポイント/

・最旬のトレンドヘアといえば断然、外ハネ。ボブやミディで作るスタイルが人気ですが、セミロングでももちろんおしゃれに決まります。ただ、セミロングで毛先だけを単純にハネさせたスタイルだと重心が下がってのっぺり見えたり、ただの寝ぐせに見えたりすることも…。

・そんな残念髪にならない、おしゃれな“外ハネセミロング”をご紹介します! ポイントは、トップにボリュームを出すことと裾に重たさを残すこと。トップにボリュームがあるだけで、こなれたリッチ感を演出できます。

・また裾に重たさがあると、外ハネでもカジュアルになり過ぎず大人っぽい印象に。ボリューム感が重要なので、毛量の多い人やうねりが強い人にもハマりやすいスタイル。

\How to ベース&カラー/

・鎖骨下5㎝。バックからサイドに向かいやや前上がりにカット。トップにボリュームが出やすいようハチ上部分にレイヤーを入れます。外ハネの動きを出しやすくするため、肩に落ちる裾の部分にもレイヤーを。

・レイヤーを多く入れ過ぎるとカジュアルになり過ぎるので、肩に落ちる部分のみに入れて裾の重たさを残すことが大切です。前髪はかき上げスタイルが決まりやすいあごラインでカット。

・カラーは8トーンのアッシュブラウン。赤みの出ないツヤのあるブラウンベースで、大人っぽく上品な印象を与えます。

ハチ上レイヤーで作る適度な重さの秋ロング
\How to スタイリング/

・前髪をかき上げながら根元にドライヤーをあてるとトップのボリュームが出やすくなります。また温風をあてた後、髪の熱が下がるまでかき上げた状態でいると、手を離した後も根元の立ち上げをKEEPできます。

・32㎜のアイロンで裾を外ハネワンカールに。全体的にカールがついたら表面の毛束をところどころ取り、縦巻きカールをMIXします。ウエット系のバームを全体的にもみ込み、外ハネと表面の縦巻きをなじませ、立ち上げた前髪の根元にキープスプレーを吹きかければ完成です。

・外ハネでもカジュアルになり過ぎずリッチな印象を与える大人のセミロング。全体的に重ためのスタイルなので秋ファッションとも相性抜群です。

大人の“外ハネセミロング”|おしゃれ感の決めてはトップと裾のボリューム感!

暗めカラーのストレートでもレイヤーで軽く

暗めカラーのストレートでもレイヤーで軽く
\ヘアスタイルのポイント/

・黄色く抜けた髪色を、ツヤと潤いを与えるダークトーンに。
・モカブラウンにパールベージュをプラスすれば、暗めでも春らしさを演出してくれます。
・顔周りに入れたレイヤーで毛先に抜け感を出し、ストレートタッチでも軽やかさを失わない仕上がりに。

ツヤ&透明感のダークカラーにして大人に

この記事をシェアする

Pinterest google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事


стероиды украина купить

Ретаболил купить

Тамоксифен купить