ヘアスタイル・髪型
2019.5.14

トレンドの髪型10選|女性の流行りのコレ!【レングス別】ショート・ボブ・ミディアム・セミロング・ロング

今年流行りのヘアスタイルは何?長さ別のトレンドの髪型をチェック!髪型で印象がガラリと変えられるのは女性の特権!ショートヘアからロングヘアまで長さ別でご紹介。トレンドを抑えたヘアスタイルでおしゃれを楽しみましょう♪

【目次】
【ショート編】短いけど女性らしい大人ショートが人気
【ボブ編】ワンレンベースで色気をプラス
【ミディアム編】トレンドのレイヤースタイルでおしゃれ
【セミロング編】ふんわりキレイなお姉さん系が流行り
【ロング編】ナチュラル清楚が今の気分

【ショート編】短いけど女性らしい大人ショートが人気

大人の外ハネショートはラフに決めて

大人の外ハネショートはラフに決めて
\ヘアスタイルのポイント/

・前髪なし+ショートボブは、ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに。セミウェットな質感で、甘すぎない抜け感のあるナチュラルヘア。収まりの良さがポイントとなるショートボブですが、こちらはトレンドを取り入れた毛先に遊びのあるスタイルです。

・カットラインをレイヤーにするのではなく、内側に“レイヤーセニング”を。毛先が不揃いな表情となり、ふんわりラフな動きを出すことができます。外ハネや動きが、“抜け感”を演出しておしゃれ度もUP。顔まわりの髪がハネやすいのが悩みという人は、そのハネを活かすことができるデザインなのでストレスフリーにも。

・カジュアルやナチュラルさを楽しみたい大人女性にぴったりなボブスタイル。長めの前髪で、甘くなり過ぎないのが◎。スタイリングが簡単なので時短にも。朝の時間を有効活用したい人にオススメです。

\How to ベース&カラー/

・ベースカットは、アゴラインでやや前下がりのワンレングス。ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れます。
・前髪は、サイドよりやや短めにカット。カラーは、13レベルのカーキアッシュ。
・マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味です。

大人の外ハネショートはラフに決めて
\How to スタイリング/

・ドライ時は、分け目がつかないように注意しながら乾かします。乾いたら、ストレートアイロンで、全体的を外ハネに仕上げ、さらに表面を32mmのアイロンを使い、リバースカールをランダムに巻きます。

・直毛やアイロンが苦手な人は、毛先に太めのロッドで軽くパーマをかけても。仕上げは、スタイリングオイルを毛先中心につけてから、動きの欲しい表面と毛先にワックスを塗布。毛束感を整えたら、セミウェットな質感の中にラフな動きのあるスタイルの完成です。

前髪なし+ショートボブは、ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに

おしゃれで大人かわいい甘辛ショート

おしゃれで大人かわいい甘辛ショート
\ヘアスタイルのポイント/

・甘×辛ストレートショートは、透けバング&ウェット質感で遊び心をプラス!下ろしても流してもOKな2WAYバングは、しゃれ感たっぷり&小顔効果も。前髪ありの可愛らしさと、スッキリ耳にかけた大人っぽさの、“甘さ”と“辛さ”が絶妙なバランスのショートスタイル。丸みがあるシルエットで、女性らしさも演出できます。

・ストレートアイロンでさらりと仕上げているので、ナチュラルでヘルシーなイメージでありつつ、シースルーバングがポイントとなってトレンド感もバッチリ。スタイリングは、セミウェットな質感で束感を出しつつ、スタイリッシュに仕上げます。

・シャープなシルエットなので、丸顔をカバーして小顔効果もアリ。耳にかけなければ、フェースラインをカバーすることもできます。ショートより長く、でもボブより短くしたい・・・そんなわがままを叶えてくれるデザインです。

\How to ベース&カラー/

・襟足ギリギリの長さでカットしたボブに、表面のみレイヤーを入れたスタイル。サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。

・サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。

おしゃれで大人かわいい甘辛ショート
\How to スタイリング/

・前髪の分け目がつかないように乾かしたら、ストレートアイロンを使い丸みが出るようにさらっと通すだけの簡単スタイリング。硬毛の場合は、カールアイロンを低めの温度で使って軽くニュアンスをつけても。

・スタイリング剤は、オイルとシアバターを混ぜてから、全体に馴染ませたらフィニッシュ。襟足は浮かないようにしっかり押さえることも忘れずに。

甘×辛ストレートショートは、透けバング&ウェット質感で遊び心をプラス!

【ボブ編】ワンレンベースで色気をプラス

ウェット質感×波ウェーブでおしゃれ度高めのワンレンボブ

ウェット質感×波ウェーブでおしゃれ度高めのワンレンボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・長め前髪+内&外ミックスのゆるふわ波ウェーブで、おしゃれかわいいミディアムボブ。セミウェットな質感でふわっと女性らしく、小顔も叶えるワンレングスボブ。トレンドに敏感な人は取り入れているミックス巻きスタイルのボブ。

・こちらは、“波ウェーブ”に仕上げて、ふわっとしたフェミニンな印象に仕上げています。ワンレングスボブがベースであっても、タイトにおさめたり、外ハネにするのではなく、内巻きと外巻きを重ねることで、可愛いらしく柔らかいスタイルに。

・前髪は頬の長さで設定し、流れを作って顔型をカバー。小顔効果も!女性らしいかっこよさも可愛いらしさも楽しめるデザイン。アイロンで仕上げますが、テクニック要らずの簡単な巻き方なので、スタイリングが苦手な人にもおすすめです。

\How to ベース&カラー/

・アイロンで巻いた時に、顎ラインになるようにワンレングスでカット。前髪は、頬の長さで自然と流れるようにカットします。カラーは、ブリーチをしてから14トーンのミルクティーベージュに。

・ダメージが気になるブリーチですが、最新カラーは、トリートメント効果が高くダメージレスだそう。絶妙な透明感や柔らかさは、ブリーチあってこそ表現できる淡い色味です。

ウェット質感×波ウェーブでおしゃれ度高めのワンレンボブ
\How to スタイリング/

・髪が乾いたら、26mmのアイロンでアウトラインから、内巻き→外巻きと交互にカールをつけて波ウェーブに仕上げます。
・さらに、表面の動きが欲しいところは細めの毛束を取り、リバース&フォワードでミックス巻きを。
・前髪はリバースで流れるように。少量のヘアオイルを髪をほぐしながら付ければ、今っぽいハーフウェットな質感のスタイルになります。

長め前髪+内&外ミックスのゆるふわ波ウェーブで、おしゃれかわいいミディアムボブ

柔らかな毛束感がポイントの女性らしいセンターボブ

柔らかな毛束感がポイントの女性らしいセンターボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・重めボブは前髪センターパートで女性らしく。ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!顔周りで揺らぐ前髪が、ナチュラルで柔らかい女性らしさを演出。センターパートは、シャープな印象を与えがち?いえいえ、カットとスタイリング次第で、ラフなイメージにもなるんです。

・こちらのスタイルは、センターパートの大人っぽいイメージは残しつつも、軽さや動き、そして、毛束感があるのがポイント。ベースがワンレングスに近い重めのボブなので、広がりやすい髪質でボブやショートに苦手意識がある人にもぴったり。

・顔周りでふわりと動く前髪&無造作な外ハネが、柔らかくナチュラルな雰囲気に。自然体なニュアンスがありながらも、ひと手間加えた大人の女っぽさを感じさせるスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・顎ラインの長さでカットしたグラデーションボブ。動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットします。

・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできます。

柔らかな毛束感がポイントの女性らしいセンターボブ
\How to スタイリング/

・ドライのポイントは、根元をしっかり立ち上げながら乾かすこと。また、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。

・表面は内巻きにワンカール。さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成です。

重めボブは前髪センターパートで女性らしく。ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!

【ミディアム編】トレンドのレイヤースタイルでおしゃれ

スタイリングも簡単な今どきレイヤーミディ

スタイリングも簡単な今どきレイヤーミディ
\ヘアスタイルのポイント/

・“うざバング”&たっぷりレイヤーで、今どきミディはとことんカジュアルが正解!ナチュラルな外ハネに、抜け感と大人の女っぽさをプラス。外ハネやボブの進化系として、近頃流行りつつあるレイヤーたっぷりなミディをご提案。乾かすだけで“くびれ感”のある外ハネになってくれる、お手軽スタイリングが嬉しいスタイルです。

・前髪は、人気のシースルーバング。人とは違ったデザインにチャレンジするなら、目にかかる長さの“うざバング”がおすすめ。長めの前髪は流すこともできるので、2WAYの異なった雰囲気を楽しむことができます。おでこが透けるので、前髪が長くても軽さと大人っぽさを演出。

・ナチュラルで抜け感のあるミディアムレングス。ハイレイヤーなので、乾かすのも簡単かつ時短スタイリングを叶えてくれます。カジュアルでも、しゃれたニュアンスがあるので、これからの季節に注目のデザインです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは、自然と落ちた時に肩にかかる長さでカット。顔周りからハイレイヤーを入れて、全体的に軽やかな仕上がりに。
・目にかかる長めの前髪は、流れるようにカットし、チラッとおでこが見えるように調整します。
・10トーンのカーキベージュは、柔らかさのある春にぴったりな色味。ハイライトのオンカラーにより、軽さと動きのあるスタイルに。

スタイリングも簡単な今どきレイヤーミディ
\How to スタイリング/

・絶妙なカットが施されているため、乾かすだけで外ハネくびれスタイルを再現できます。ただし、前髪に分け目がつかないよう注意して。カール感を強調したいなら、32mmのアイロンでアウトラインを外ハネに、トップは持ち上げで内巻きに。

・セット力がありウェットな質感に仕上げるバーム系のワックスを付けてシルエットを整えます。髪の広がりが気になる人は、オイルを使っても◎。

“うざバング”&たっぷりレイヤーで、今どきミディはとことんカジュアルが正解!

ヘルシーなこなれミディでトレンドセッター

ヘルシーなこなれミディでトレンドセッター
\ヘアスタイルのポイント/

・流し前髪×たっぷりレイヤーで、動きのある大人の”こなれミディ”!トレンドを先取り!明るめカラーの大人ヘルシーなレイヤード。気温が上がってくると、軽いヘアスタイルにしたくなりませんか?脱マンネリを狙いたい人にもオススメなのが、こちらのミディアムレイヤー。

・耳上にはしっかりレイヤーを入れつつ、アウトラインには重みを残しているので、ハイレイヤーであっても毛先の厚みがあるのが新しい。また、ワンカール巻くだけで、まるでパーマのような軽く動きのある仕上がりになります。

・他の人と差をつけたい、でも頑張り過ぎて見えない、そんな女性の“欲しい”が詰まっています。こなれ感のあるおしゃれなスタイル。動きが出にくい髪質の人にも◎。

\How to ベース&カラー/

・毛先の厚みを残したミディアムレイヤーは、内巻きでも、外ハネでもどちらでも楽しめる鎖骨下のレングス。
・耳下にはレイヤーを入れず、表面のみにしっかりレイヤーを入れているので、毛先の重さを残しながら、軽さ&動きのあるスタイルです。
・カラーは、10トーンのシナモンベージュで明るめに。髪にツヤ感をプラスし、肌色をぱっと明るく見せてくれる色味です。

ヘルシーなこなれミディでトレンドセッター
\How to スタイリング/

・スタイリングが楽なのが嬉しいポイント。髪を乾かしたら、32mmのアイロンで毛先をワンカール。
・レイヤーがたっぷり入っているので、サイド3段、バック4段に分けて巻くようにすると上手くいきます。
・また、内巻き&外巻きをミックスさせることでランダムな動きを演出します。
・ややセット力のあるシアバター系のワックスを毛先から中間まで、髪をほぐしながら塗布。ふわりと空気を含ませるようにシルエットを整えたら完成です。

流し前髪×たっぷりレイヤーで、動きのある大人の”こなれミディ”は春夏におすすめ!

【セミロング編】ふんわりキレイなお姉さん系が流行り

トップから毛先までふんわりフェミニンセミロング

トップから毛先までふんわりフェミニンセミロング
\ヘアスタイルのポイント/

・ロングヘアの脱マンネリを叶えて、骨格もカバーする。ロングヘアの印象を変えたい人にオススメなのが、重さと軽さがミックスされたセミロング。重さを残しつつ扱いやすさが欲しい時や、イメージチェンジしたい時にも、チャンレンジしやすいスタイルです。

・顔まわりは、毛束が頬にかかるよう、骨格に合わせてレイヤーを。小顔見せ効果はもちろん、毛先の遊びがふんわりと軽やかな印象を与えます。ラフ感を取り入れつつも、女性らしさを兼ね備えたカジュアルフェミニンなスタイル。可愛らしくソフトなイメージを目指す人や、重めスタイルにしたいけどトップはペタンとしたくない人にオススメです。

\How to ベースパーマ&カラー/

・鎖骨下あたりのワンレングスでカット。トップの顔まわりは、頬にかかるようにレイヤーを入れるとラフな浮遊感が出ます。前髪は眉毛と目の中間くらいの長さでフルバングに切り、内側を毛量調整します。

・カラーは、9トーンのブラウンベージュ。ややグレーがかった色味で、柔らかい印象に。透明感のあるキレイな肌色に見せ、イエべ、ブルベどちらでも似合う万能カラーです。

トップから毛先までふんわりフェミニンセミロング
\How to スタイリング/

・根元を立ち上げながら全体を乾かしたら、26mmのアイロンでリバースとフォワードをミックス巻き。顔まわりは、リバースに少し跳ねるように流します。髪が硬い人やアイロンが苦手な人は、デジキュアパーマでニュアンスウェーブを。

・デジキュアは、通常のデジタルパーマよりもダメージレスで時短なパーマ。ロッドは、23mmをメインに、耳下は平巻きで、耳上はリバースとフォワードのスパイラルを交互に巻きます。スタイリングは、クリーム系のワックスとオイルを混ぜ、下からクシャッともむようにつけて、整えたら完成です。

厚め前髪×浮遊感のあるセミロングは、カジュアルフェミニン&小顔見せ!

華やかな可愛らしさもあるキレイなお姉さんセミロング

華やかな可愛らしさもあるキレイなお姉さんセミロング
\ヘアスタイルのポイント/

・斜め前髪×ワンカールセミロングは、ふわっと華やか!大人かわいい印象に。動きとツヤ感がポイントのフェミニンスタイル。エレガントさをキープしつつ、動きのあるスタイルを取り入れたいなら、ふんわり動きのあるワンカールが断然今っぽい。動きがありながら、ベースに重さを残しているので、カジュアルになり過ぎない大人かわいいスタイルです。

・顔まわりとトップに入れたレイヤーが、ふわっと柔らかな動きを演出。髪のボリュームが出にくい人にもおすすめです。毎日のスタイリングもワンカールでOKなので、時短で簡単におしゃれを楽しむことができます。また、頬骨の高さでカットした前髪が、骨格をカバーして小顔効果もアリ。さらに、

・顔まわりをリバースに流せば、華やかな雰囲気となり表情を明るくしてくれます。ツヤ感があり、毛先に程よい厚みがありまとまりのあるデザイン。スタイルチェンジをして、トレンド感をプラスしたい人にも◎。

\How to ベース&カラー/

・鎖骨下5cmで、やや前上がりに。レイヤーをトップと顔まわりに入れて、ベースラインは重めに残します。大人フェミニンに見せるポイントは、中間から毛先にかけての毛量調整で、適度な厚みを残すこと。

・前髪は頬の位置から流れるようにカット。8トーンのブラウンベージュは、赤みを抑え、髪本来の色をキレイに見せる、温かみのあるツヤ感を演出するカラーです。

華やかな可愛らしさもあるキレイなお姉さんセミロング
\How to スタイリング/

・トップと顔まわりは、根元を立ち上げながら乾かすとスタイリングが楽に。髪が乾いたら、32mmのアイロンで、サイドは2段、バックは3段に分けてそれぞれ毛先をワンカールします。

・サイドもバックも、上段のセクションを巻く時は、髪を引き出す位置をやや高くすると、ランダムな動きが出て、ふわっとしたカール感に。両サイドの前髪は、リバースに巻いて流します。トリートメントワックスを、全体的に揉み込み、前髪の立ち上がりをスプレーでシュッと固めたら完成です。

斜め前髪×ワンカールセミロングは、ふわっと華やか!大人かわいい印象に

【ロング編】ナチュラル清楚が今の気分

ナチュラルな透明感が魅力の大人の小顔ロング

ナチュラルな透明感が魅力の大人の小顔ロング
\ヘアスタイルのポイント/

・髪伸ばしかけの人、必見。長め透けバングの大人ロングは、イメチェン+小顔効果あり!髪の長さをキープしつつ雰囲気を変えたい。さらに、小顔に見せたい。そんな欲張りな女心を満たすヘアスタイルがこちら。 部分アイロンテクニックで、動きがある大人かわいいスタイルに。

・アイロン仕上げでカールをつけると、どうしても長さが上がってしまいがち。でも、襟足と顔まわりのみにアイロンを入れることで、長さを残しながらしっかりカール感のある仕上がりを実現します。顔まわりに入れたレイヤーが軽さを表現し、頰骨をカバー。

・前髪の幅も狭めなので、小顔効果も抜群です。重さの中に抜け感をプラスした前髪は、大人女性の雰囲気が漂います。2WAYバングなので、下ろしても流してもOK。ふんわりとしたニュアンスでやさしい表情の重めのナチュラルロング。伸ばしかけでも、おしゃれに変化を楽しみたい人にオススメです。

\How to ベース&カラー/

・ベースの長さはあまり変えずにやや前上がりに、ワンレングスでカット。
・軽さと動きを出すため、こめかみ部分にレイヤーを入れてつなぎます。
・厚みのある前髪は、右に流れるようにカットし、すき間が出るように調整していきます。
・9トーンのシフォンベージュは、赤みを打ち消し、柔らかい髪質感をもたらすカラー。

ナチュラルな透明感が魅力の大人の小顔ロング
\How to スタイリング/

・全体的に乾かしたら、32mmのアイロンで襟足と顔周りにカールをつけるだけのお手軽スタイリング。顔まわりは、細かめに毛束を取り外巻き&内巻き交互にカールを。表面のみ、1cm四方でリバースに巻きます。

・仕上げにつけるオイルは、ごく少量で◎。広がりや毛先のパサつきが気になる人にも、オイルはぴったりなスタイリング剤です。また、カールが取れやすい人は、アイロン前にオイルをつけるとスタイルが長持ちします。

髪伸ばしかけの人、必見。長め透けバングの大人ロングは、イメチェン+小顔効果あり!

トレンド感も+した王道ストレートロング

トレンド感も+した王道ストレートロング
\ヘアスタイルのポイント/

・ストレートロングを軽やかに見せる“前上がりレイヤー”で、おしゃれ清楚な大人女子に。鎖骨下で、ふわっとカールが重なっているのがおしゃれ!清楚な印象のストレートロング。でも野暮ったく見えたり、おしゃれ感が薄く見えたりすることも…。そこで、清楚でありつつおしゃれ感のある、大人のためのストレートロングをご紹介します!

・ポイントは顔周りの毛先にレイヤーを入れ、前上がりにすること。さらにやや内巻きにすると正面から見たときカールが重なり軽やかな印象に。このときバックにはレイヤーを入れず重たさを残すのが、今っぽいロングに見せるカギです。

・またカラーはピンクとゴールドがMIXされた注目カラー、リビングコーラルがおすすめ。トレンドカラーにすることでおしゃれ感が出るし、暖色系なのでツヤや透明感も出やすくより美髪に見せます。顔周りの毛束にレイヤーを入れるだけで軽やかになり、一気に今っぽくなるストレートロング。ツヤと透明感のあるカラーも味方につけ、大人のロングを楽しみましょう。

\How to ベース&カラー/

・胸丈ラインの前上がりレイヤーベース。レイヤーを入れるのは頬ラインから、耳前の毛束のみ。
・耳後ろやバックの毛束にはレイヤーを入れず重たさを残します。
・ふわっとした軽やかさが出やすいよう、表面にも軽くレイヤーを。カラーは8トーンのリビングコーラル。
・全体を1色で染めることでツヤ感を強調します。暖かみのあるカラーなので上品さや柔らかさを演出する効果もあり。

トレンド感も+した王道ストレートロング
\How to スタイリング/

・前髪をかき上げながら乾かし最後に根元に温風をしっかり当てると、自然と立ち上がった前髪を作れます。また全体の毛先はロールブラシを使って内巻きにブロー。ブラシを使うことでキューティクルが整いよりツヤが出ます。

・3mmのアイロンを毛束の中間に挟み、毛先まで滑らせ軽く内巻きに。クルンと巻きすぎると古く見えるので注意。シアバターのスタイリング剤を毛先中心に軽くなじませ完成です。ストレートロングはきちんとブローしてツヤを出すことが、清楚やおしゃれ感を高めるカギに。好感度抜群のスタイルなのでシーン問わず挑戦できます。

ストレートロングを軽やかに見せる“前上がりレイヤー”で、おしゃれ清楚な大人女子に

この記事をシェアする

Pinterest google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事