ヘアのお悩み
2015.5.23

「キレイな髪」の作り方 【トリートメント~アフターバスケア編】

シャンプーからトリートメント、アフターバスケアまで美髪を育てるパーフェクトな洗い方の全プロセスをわかりやすくご紹介します!

 

髪を整えるトリートメント

9 毛先によくもみ込む
キレイな髪の作り方13
リンス・コンディショナー・トリートメントの違いって?
リンスとコンディショナーは、髪の表面をなめらかに整えるもの。トリートメントはそれに加えて、髪の内部に働きかけてダメージや質感を整えるもの。髪のためのものなので地肌にはつけなくてOK。

 

10 中間~毛先へとかしながらつける
キレイな髪の作り方14
KD_15.3
ラップ効果で柔らか髪に
シャワーキャップや蒸しタオルをかぶって湯船に入ると、トリートメント成分がより浸透して髪が驚く程柔らかくなるのでおすすめ。

 

11 シャワーでしっかりと流す
キレイな髪の作り方12

キレイな髪の作り方27
おすすめは炭酸水シャワー
頭皮や髪を洗い残すとかゆみやぺたんこ髪の原因に。毛穴の汚れもよく落ちる。MTG コスメトリートメントシャワー オーブル ¥22,800

 

髪質向上!アフターバスケア

12 押さえるようにタオルドライ
キレイな髪の作り方16

NG
126.12
ガシガシこするのは×
乱暴にこすって拭くのは髪のダメージの原因に。髪をタオルで包み込み、根元部分から押さえるように水分を取ってあげて。

 

13 まずは頭皮を保湿する
キレイな髪の作り方18
顔と地続きだから地肌にもスキンケア
皮脂腺はTゾーンの約2倍、手のひら・足の裏に次ぎ汗もかきやすい頭皮。水分が足りず乾燥しやすいので、ローションを足すと好バランスに。毛穴の大きさが違うので顔と同じものは×。育毛剤も◎。

 

14 ポニーテールのように引き上げる
キレイな髪の作り方19
頭皮への浸透を良くするマッサージを
ポニーテールのように生え際から後頭部に向かって髪を集める。マッサージすることで頭皮用化粧水の浸透がアップ。斜め後ろに引っ張り上げるようにすればリフトアップ効果も(詳しくはP.128を参照)。

 

15 髪用ローションを浸透させる
キレイな髪の作り方20
しっかりコシのある髪になれる
髪の中の水分と油分のバランスを整えるのが髪用のローション。浸透して髪自体を補修するので、細くてボリュームが欲しい人は髪に重量感が出るし、太くてしっかりしている人は柔らかく弾力が出ます。

 

16 毛先に髪用オイルをつける
キレイな髪の作り方21
肌同様にケアの仕上げを
顔のスキンケアと同じように、髪も水分を入れたら油分でフタをして水分を閉じ込めて。ただし、地肌から15~20㎝までは頭皮からの皮脂が届くので、毛先中心に、上から下になでるようにつけて。

 

 

2015年6月号P126、127掲載

撮影/齋藤裕也(t-cube/人物)、松本拓也(静物) ヘア&メーク/朝日光輝(timeless) スタイリスト/伊藤ゆみ モデル/ATSUKO イラスト/片塩広子 デザイン/GRACE.inc 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

Pinterest google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事


искусственный туман