Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
そのほてり…危険!足のポカポカは「隠れ冷え性」のサインだった | Baygiare.info- baygiare.info
ボディケア
2014.10.24

そのほてり…危険!足のポカポカは「隠れ冷え性」のサインだった

冷え症に悩む女性が多い中で、足がいつもポカポカしている方もいます。時にはそのせいで、なかなか寝付けないと感じるような場合も。

そんな足のほてりは、実は隠れ冷え症の可能性が大なんです。足がいつも温かいから「私は冷え症じゃない」と思ったら、それはとんでもない勘違いかもしれません。

 

ほてりの原因は?

たとえば一日中歩き回ったり、立ちっぱなしで足を酷使したりした日は、足がジンジンして、熱を放出しているように感じることがあります。そのように、足が妙に他と比べて熱い、ほてっていると感じる場合は要注意。

足だけがほてって眠れないなんて場合は、さらに危険な兆候です。

それは、ほてりの原因が血行不良の冷えにあるから。血流が悪く、足先まで血の流れが行き届いていないと、身体はその部分をカバーするために、頑張って温めようとします。それが、”ほてり”の状態です。

そのため、足先や足裏がほてっているということは、冷え症がかなり深刻化している証拠なのです。

 

足がほてったらどうしたらいい?

もしあなたが足がほてっていると感じたら、冷たい湿布を貼ったり、氷をあてたり、寝ているときなら、布団をかけずにわざと冷えるようにしているかもしれません。

でもこれは、逆効果。絶対にやってはいけない行為なのです。血流が悪くなっており、身体がそれを守ろうと一生懸命頑張っているサインなので、足を温めてあげることが先決。足湯や足裏のマッサージを行って、足先の血流を良くしてあげるようにしましょう。

冷えではなく、足が疲れでほてっている場合でも同じ。血行が良くなるように促すと、ほてりも引いて疲れも取れやすくなります。

 

足のほてりを起こさないために

慢性的に足がほてっている人は、隠れ冷え症であると自覚して、その冷え体質を改善するよう心がけることが大切です。シャワーではなく湯船に入るようにし、風呂上がりには、足裏のマッサージを習慣化すると良いでしょう。

 

足のほてりが冷えの症状だったなんて、ちょっとびっくりですよね。これから寒さが増す季節がやってきますから、勘違い行為を続けていたら危険すぎます。自分は、このほてりに当てはまると思ったら、ぜひ冷え症対策をすぐに始めましょう。

 

初出:美レンジャー  ライター:佐藤まきこ

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事