食・レシピ
2018.3.31

“愛媛×美的”オリジナル!「ブラッドオレンジジュース」が300本限定発売に

arena03_2

「ブラッドオレンジで愛媛県の魅力を広く伝えたい!」…そんな想いのもと、愛媛県と美的がコラボしたプロジェクトが始動。今回発売するのは、愛媛県宇和島産のブラッドオレンジジュース『美的 ORIGINAL BLOOD ORANGE』(720ml/¥2,980 税抜)。美的のオリジナルラベル付きです。

「そもそもブラッドオレンジってなに?」、「日本でもたくさんとれるの?」。そんな疑問を持つ人のために、ブラッドオレンジの基本情報や、今回発売のジュースの生産者、そしてブラッドオレンジジュースを活用したレシピをご紹介しましょう。

ブラッドオレンジって?

orange
ブラッドオレンジは、柑橘類で唯一赤い果実をもつオレンジ。原産地はイタリアのシチリア島です。日本でブラッドオレンジを産地化しているのは、宇和島を含めまだごくわずかな地だけ!

特徴は、コクのある甘さ、濃厚な香り、そしてすっきりとした酸味と豊かな風味。インパクトのある赤は、ポリフェノールの一種である“アントシアニン”によるもので、アントシアニンには、老化の原因となる活性酸素を抑えてくれる効果が期待できます。

今回発売のジュースには、ブラッドオレンジの代表的な品種である“モロ”と“タロッコ”のうち、より赤みと甘みが強いモロ種を使っています。ブラッドオレンジのおいしさが凝縮された搾りたて100%のジュース、ぜひご堪能ください!

「家族と同じように果実にも愛情を」…生産者の想い

3_bloodorange
愛媛県宇和島市で山内農園を営む山内直子さん。アパレル店員、花屋店長、旅行代理店の添乗員を経て、1991年、24歳のときに柑橘農家を継ぎ、3人の子供を育てながら柑橘類の栽培に従事してきました。500アールの土地で、温州みかん、ポンカン、伊予柑、デコポン、せとかなど20種以上の柑橘を生産。そのうち、ブラッドオレンジは25アールほど。

「果実へ注ぐ愛情は、家族の健康管理と同じ」と山内さん。農業体験に興味のある女性のために、女性専用の宿泊施設も建てました。若い世代のリピーターも多いそうで、「娘がたくさんいるようで嬉しい」と語っていました。

>>購入はこちらから
47クラブ

 

美容エディター・門司紀子考案…ジュースの活用技!
「ブラッドオレンジのゼリー〜グレープフルーツ添え〜」

%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e4%bb%95%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%99%e3%82%8a%ef%bd%81

ブラッドオレンジジュースは、そのまま飲むのはもちろん、加工してもそのフレッシュな甘みを楽しむことができます。ここでは、Baygiare.infoの大人気連載「美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD」でおなじみ門司さん考案の、ジュースを活用したゼリーのレシピをご紹介します。

門司さんいわく、「ゼリーには、海藻からつくられたゼリーの素“アガー”を使うのがおすすめ。アガーは作る際にダマになりにくいうえ、常温で固まり、夏の野外などでも溶けないのが魅力です。ピクニックやBBQに持って行ってもOK! 舌触りのいいプルプルとした食感のツヤツヤゼリーに仕上がります」とのこと。

<材料>
※ 2~4個分(型の大きさによる。ガラスマグカップなら2個分)
ブラッドオレンジジュース    200cc
アガー                             15g
砂糖                              30g
水                               150cc
グレープフルーツ          ルビー/イエロー 各1/4個
ミント(飾り用)              少々

<作り方>

(1)グレープフルーツをむいて食べやすい大きさにちぎり、型の底に2~3個入れておく。

%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bc%91

(2)ボウルにアガーと砂糖を入れて、泡立て器でよく混ぜておく。

%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bc%92

(3)鍋で分量の水を沸騰させてから中火にし、2を加えて泡立て器で溶けるまで混ぜる。

%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bc%93

(4)火からおろしてブラッドオレンジジュースを加えて均一に手早く混ぜる。

%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bc%94

(5)容器に(4)を流し込む。

%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bc%95

(6)完全に固まらないうちに上にグレープフルーツをのせる。さらに上にミントを飾る。

%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%ef%bc%96

(7)ラップをして冷蔵庫で冷やす。冷たくしていただくとより美味しい。

ゼラチンだとダマになりやすく、寒天だと食感がかたくなりがちなので、アガーがおすすめですが、ゼラチンや寒天などを使う場合は、“水分量:ゼリーの素”の比率はパッケージに書かれた分量を参考に、ゼリーの素の量で調整しましょう。

「柑橘系の100%ジュースを使う場合、凝固しにくいことがあるので、パッケージに書いてある分量の比率よりもややゼリーの素が多くなるようにすると失敗しません。また、今回甘さ控えめにするために砂糖の量も少なめにしましたが、砂糖が少なすぎると固まりにくくなるので注意!」と門司さん。

\使ったアガーはコレ/

%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%9d%90%e6%96%99%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%bc

「ぷるるんアガー」100g ¥360

ブラッドオレンジジュースをドレッシングに活用したサラダレシピはこちら↓
>>「ブラッドオレンジジュースのドレッシングで!オレンジとミニトマト、クレソンのサラダ」

 

noriko-monji
門司紀子
もんじのりこ/大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして“雑誌づくり”のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。Instagram(アカウント:)でも、料理レシピや“mondeli”ケータリング写真を発信中。

初回限定300本!
希少なブラッドオレンジジュース

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事