食・レシピ
2018.11.4

たっぷりフルーツでビタミン補給! スイーツ系オープンサンドレシピ

料理家の村山由紀子さんが教えてくれたのは、発酵食品を使ったオープンサンド。今回は、フルーツを使ったスイーツ系オープンサンドを教えてもらいました。さらにおいしい食パンの焼き方&保存方法もご紹介します!

フルーツでスイーツ系オープンサンド

ビタミンや抗酸化成分 豊富なフルーツたっぷり!
フルーツをのっけて食パンがおめかし。カルピスにバター、「味のベース」の背徳的な味もたまらない!

スイーツ系の味のベース

《マスカルポーネカルピス》
%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%8d%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%94%e3%82%b9
マスカルポーネチーズ50g、カルピス(原液)大さじ1弱をよく混ぜ合わせる。
※カルピスの代わりに甘酒小さじ1でもOK。

 

《はちみつ発酵バター》
%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%bf%e3%81%a4%e7%99%ba%e9%85%b5%e3%83%90%e3%82%bf%e3%83%bc
発酵バター50g、はちみつ大さじ1をよく混ぜ合わせる。

ベリーベリーウエーブ

%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%96
ウエーブ部分ももちろん発酵系!
人気のウエーブトーストにビタミン豊富なベリーをのせれば美サンドに!

作り方
(1)角食パン1枚をトーストする。
(2)サワークリーム大さじ2~3に、ラズベリージャム(または好みのベリー系ジャム)小さじ1~2を混ぜ合わせる。
(3)食パンに、(2)と「味のベース」マスカルポーネカルピスを、適量ずつスプーンの背などのすくって交互に塗る。

ブドウミント

%e3%81%b6%e3%81%a9%e3%81%86%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%83%88
さっとマリネしたブドウは疲労回復にも
ブドウのポリフェノールも美肌のマスト。分厚く塗った「味のベース」が幸せすぎ。

作り方
(1)巨峰とマスカット(皮ごと食べられるもの)4~5粒ずつを半分に切り、白バルサミコ酢小さじ1でマリネする(時間があれば30分程度)。
(2)角食パン1枚をトーストし、「味のベース」マスカルポーネカルピス大さじ2~を塗る。
(3)(2)に(1)をのせ、ミントの葉適量を散らす。

イチジクとブルーチーズ

%e3%82%a4%e3%83%81%e3%82%b8%e3%82%af%e3%81%a8%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba
一口サイズのおしゃれつまみ
活性酸素を除去するイチジクの甘さと、ブルーチーズの塩気で大人味。

作り方
(1)ライ麦入り食パン1枚をトーストする。「味のベース」はちみつ発酵バター大さじ2を塗り、6等分に切る。
(2)イチジク1個を皮ごと6等分のくし形切りにしてのせ、小さく切ったブルーチーズ10g、刻んだピスタチオ5粒を全体に散らす。

ダークチョコバナナ

%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a
背徳感のある甘さ。でも美に効く!
発酵+バナナのオリゴ糖で腸内環境改善。ダークチョコには鉄分も豊富。

作り方
(1)角食パン1枚をトーストし、3等分に切る。
(2)バナナ1本を薄めの輪切りにし、「味のベース」マスカルポーネカルピス適量と交互に食パンに並べる。
(3)ダークチョコレート10gをピーラーなどで削って散らし、カカオニブひとつまみをトッピングする。

ドライフルーツとバニラビーンズ

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%a8%e3%83%90%e3%83%8b%e3%83%a9%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba
バニラ風味でヤバいくらい食べられる…
栄養素をより多く摂取できるドライフルーツが、とろとろと甘さを増して病みつきなおいしさ。

作り方
(1)鍋に好みのドライフルーツ200g、白ワイン150ml、グラニュー糖大さじ4を入れる。バニラビーンズ1/2本は片側に切り込みを入れ、さやを開いて包丁の背などで種をしごき、種とさやを鍋に加える。中火にかけ、煮立ってきたら弱火にし、5分程煮る。
(2)角食パン(あればブリオッシュ系のもの)1枚をトーストする。「味のベース」はちみつ発酵バター大さじ1を塗り、(1)を好みの量のせる。

おいしい食パンの焼き方&保存方法

焼き方
こんがりトーストは高温&水分が決め手!
短時間で焼くとパンの水分を逃さずふんわり。使うツールごとに6枚切りの焼き方を伝授!

%e9%a3%9f%e3%83%91%e3%83%b321
□ トースター…ムラなく焼ける
庫内に霧吹きをし、1,000Wで2~3分焼く。ひっくり返さなくていいいので楽。

□ フライパン…耳までこんがり
中~強火で熱して片面1分30秒ずつ焼く。バターを引くとキレイな焼き色に。

□ 魚焼きグリル…強火で手早く
中~強火で30秒予熱し、中に霧吹きをして片面1分30秒、返して30秒焼く。

□ セラミック系…網目もおいしそう
中~強火で30秒予熱し、片面1分~1分30秒、返して1分程度焼く。

保存方法
パンの敵は乾燥。水分を逃さず保存して

shokupann22
1枚ずつラップをし、密封できるフリーザーバッグに入れて冷凍。食べるときは凍ったまま、トースト時間を長めにして。

 

教えてくれたのは…
_%e6%9d%91%e5%b1%b1%e7%94%b1%e7%b4%80%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93
料理家 村山由紀子さん
かつて手掛けていた移動パン屋やカフェはパン好き&スイーツ好きの間で評判に 。パンを使ったレシピも人気。本誌で『家呑みごはん』連載中。

 

『美的』11月号掲載
撮影/福田喜一 料理/村山由紀子 食材監修/美才治真澄 スタイリスト/洲脇佑美 構成/松田亜子

この記事をシェアする

Pinterest Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事