健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2018.5.25

イケメンたちが惹かれる“美しい女性”とは?エンターテイメント集団「男劇団 青山表参道X」旗揚げ公演直前の心境に迫る!

\"\"

昨年11月、オスカープロモーションに所属する多数の若手俳優やモデル、歌手の中から選抜された30名によって結成されたエンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」。 来月の旗揚げ公演を前に、メンバーの栗山 航さん(写真中)、塩野瑛久さん(写真右)、西銘 駿さん(写真左)に、舞台の見所から、美容・健康法、気になる女性観までインタビューしました!

■劇団結成から半年―白虎隊がテーマの旗揚げ公演を前に一致団結

―「男劇団 青山表参道X」の旗揚げ公演でもある舞台「SHIRO TORA~beyond the time~」の見所について教えてください。

栗山:この舞台は「白虎隊(びゃっこたい)」をテーマに、時空を超えタイムスリップして現代に現れた白虎隊と、現代を生きる廃部寸前の演劇部の高校生たちとの交流が描いています。
作品自体はエンターテイメント色が強く、殺陣(たて)あり、歌あり、ダンスあり、笑いあり、涙あり…とたくさんの要素が詰まっているところが魅力的で、観てくださるお客様が引き込まれる2時間半になるのではと思っています。
劇団からは28人が出演し、ダブルキャストもあるので、毎公演、違う面白さをお届けしたいですね。
「男劇団 青山表参道X」のメンバー同士は、イベントなどで既に何回も共演していて、それぞれのキャラクターもわかってきたので、これから始まる舞台稽古でさらに絆が深まりそうです。

_u3a3881栗山 航(くりやまわたる)1991年6月15日生まれ。東京都出身。「男劇団 青山表参道X」のリーダー。

■筋トレ、腹筋ローラー、シートパック…個性がにじみ出るこだわりの健康・美容法

―舞台は体力を消耗しそうですが、日頃、健康や美容のために気をつけていることがあれば教えてください。

栗山:週に2~3日、スポーツジムに通って体作りをしています。筋トレが好きで、周りから「筋肉馬鹿」といじられることも(笑)。
疲れたときは、無性にニンニク料理が食べたくなるので、自分でレシピを調べて作ることもありますよ。

塩野:僕はツールを使って自宅でセルフトレーニングするのが好きです。腹筋ローラーを買ったので、地道にコロコロと…。今は、体に貼ってコリやむくみをとれる電流パッドが気になっていますね。

西銘:僕の必需品は、シートパックです! ファンの方からいただくことも多く、お風呂上りにすぐつけています。ただ、スキンケアはしっかりしているつもりでも、年頃なのかニキビがよくできて……。ストレスになるのも嫌なので、あまり気にしすぎないようにしています。

_u3a3939塩野瑛久(しおのあきひさ)1995年1月3日生まれ。東京都出身。「男劇団 青山表参道X」の副リーダー。

■イケメンたちが惹かれる“美しい女性”の条件

―魅力的な仲間で構成された「男劇団 青山表参道X」ですが、ひとりの男性としては、どんな女性に惹かれますか?

栗山:見た目も中身も女性らしい人に惹かれますね。肌や髪がキレイだと、思わず見とれてしまう。自分自身が集団の中でリーダーをしているからか、場の空気を読めない人は苦手で、周囲に気を遣える女性は素敵だなと思います。

塩野:上品で華奢な雰囲気の女性が理想です。首が細い人とか、守ってあげたくなる。苦手なタイプは、言葉遣いが汚い人。若者言葉や略語をすぐ使うのはNGですね。

西銘:穏やかな女性が好きです。言葉にトゲがなく話し方が優しいと、癒されます。
自分自身がオープンなタイプなので、相手も自分自身をさらけ出してくれる人だとうれしいですね。

_u3a4067西銘 駿(にしめ しゅん)1998年2月20日生まれ。沖縄県出身。「男劇団 青山表参道X」のムードメーカー

■それぞれの夢と劇団の未来

―今後の目標と、「男劇団 青山表参道X」の展望について教えてください。

栗山:僕自身は、そろそろ30歳も見えてきたので、若さだけではなく、男の深さや色気を出していけるようなものを役者として常に追い求めていきたいと考えています。

塩野:昔は自分の好きなものを絶対に貫き通したいタイプだったのですが、今はそれに向かうためには段階が必要だと感じている時期なので、求められていること、与えられたものをキャッチして柔軟にトライしていきたいです。

西銘:「男劇団 青山表参道X」という居場所が新たにできたことによって、ダンスや歌のレッスンも始まり、最近は、自分の得意なこと、楽しいと思うことを新発見する日々を送っています。これからも、芝居を主軸にマルチに挑戦していきたいです!

栗山:「男劇団 青山表参道X」としては、まずは「SHIRO TORA~beyond the time~」が成功して、毎回大きい劇場で公演をしてたくさんのお客様が観に来てくださるようになれたら。また、バラエティなど、皆のチームワークを発揮できる仕事もしていけたらいいなと思っています。
オスカープロモーション所属のエンターテイメント集団が公演するこんなに大きな舞台はオスカー史上初めてだし、旗揚げ公演は最初で最後の貴重な機会なので、ぜひ観に来てください!

―栗山さん、塩野さん、西銘さん、ありがとうございました!

 

【公演概要】
公演名:男劇団 青山表参道X 旗揚げ公演「SHIRO TORA~beyond the time~」
公演日:2018年6月14日(木)~6月17日(日)※全6公演予定
劇場:AiiA2.5シアター東京(渋谷)
キャスト:男劇団 青山表参道X(栗山 航、塩野瑛久、西銘 駿、飯島寛騎、村上由歩、小沼将太、仲田博喜、宇野結也、定本楓馬、水江建太 他 メンバー)
演出:伊藤マサミ
脚本:亀田真二郎
ストーリー:福島県の名門の男子校、私立白山高校では、来月開かれる学園祭の白山祭に向けて、盛り上がりを見せていた。さまざまな部活や同好会がパフォーマンスを披露するこの場で、生徒たちが目指すものはただひとつ、最も輝いた部活に贈られる賞である「白虎賞」。
そんな中、小野田陽斗(飯島寛騎)が部長を務める演劇部は、部員不足から廃部の危機にさらされていた。この危機を脱するためには、白虎賞を獲得するしかない。小野田たちは白虎隊を題材にした舞台を演じることにした。
白虎隊について不勉強だった部員たちは、白虎隊最後の地である飯盛山で稽古をすることにしたのだが、突然空が暗くなり、何と白虎隊が現れた―。

 

男劇団 青山表参道X 旗揚げ公演「SHIRO TORA~beyond the time~」特設サイトはこちら>>

 

撮影/フカヤマノリユキ

こちらの記事もチェック!>>一匹狼が30人! これが楽しいんです! “男劇団 青山表参道X”から西銘 駿、塩野瑛久、飯島寛騎が登場

この記事をシェアする

Pinterest Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事