健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2018.6.1

浅田真央さんが『美的』で初・美容誌の表紙に! 真央ちゃんの“今”を…独占インタビュー

あの“真央ちゃん”が美容誌で初表紙を飾ってくれました! 撮影では伸びやかなボディを存分に生かし、音楽に合わせて次々とポージング。終始楽しそうな姿にスタッフ一同ハッピームードに包まれました。美の秘密からスケーターとしての思いを熱く語ったインタビューも必見です!

p21-1

フィギュアスケートの楽しさを今、心から感じています!

p20-1
約1年前に現役引退を発表し、“真央ちゃんのその後”が気になっていた人も多いはず。
彼女は以前と同じ屈託のないキュートな笑顔で、新たなステップを軽やかに踏みだしていました。

「引退を表明したのが昨年の4月、そして7~8月に毎年出演させていただいていたアイスショーがあり、それが終わったらひとつの区切りにしようと思っていました。自分の中でスケートはやり切ったという思いも強くて――。アイスショーが終わってみると、ありがたいことに“まだまだ真央の滑りを見たい”という声やお手紙をいただきました。そこで改めて、私には何ができるんだろう、私自身はこれから何がしたいのかなって深く考えるようになりました。アイスショーでたくさんの拍手をいただき、自分の滑った感覚も含めて、改めてスケートっていいな、と実感したんです」

そして出た結論は、“感謝の気持ちはやっぱりスケートを通じて表していきたい”ということ。それも、今までとは違った形で――。

「忙しかった現役時代のアイスショーは東京や大阪、名古屋公演がメイン。でももう選手ではない以上、前よりも時間がある。もっと全国の方に見てもらいたい、地方にも行きたいという気持ちが芽生えました。そこでスケートで感謝の気持ちを届ける“浅田真央サンクスツアー”を企画しました。この5月からスタートします」

撮影時は練習の真っただ中で、今はツアーが楽しみで仕方がないと話していた真央ちゃん。選手生活で滑ってきたプログロラムの中から16曲のメドレーという形で、真央ちゃんとキャストのスケーターがショーをつなぎ、一緒に演じるプログラムもあるなど構成もユニーク。真央ちゃん自身もショーにおいて自分史上最多の曲数を滑る。

「すべてが未知数ですが(笑)、とてもワクワクしています。スケートとの向き合い方も引退してガラリと変わりました。選手時代と違い、ルールに縛られないことで今まで以上にフィギュアスケートの楽しさも感じています」

真央ちゃんの人生がここからまた、新たな始まりを迎える。

 

Profile
浅田真央
あさだまお/1990年生まれ、27歳。フィギュアスケーター。2010年バンクーバーオリンピックで女子シングル史上初、3本のトリプルアクセルを成功させ、銀メダリストに。世界選手権3回優勝、全日本選手権6回優勝、’14年ソチ・オリンピック6位。’05年の世界ジュニア選手権優勝以来約12年トップスケーターとして活躍し、’17年に現役引退を表明。

 

『美的』7月号掲載
撮影/菊地泰久(vale.) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/安西こずえ(CoZ inc.) 構成/安井千恵

この記事をシェアする

Pinterest Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事