健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2018.11.22

【美的1月号特別付録】ふわもこソックス+インソールのあったか使い方

「肛筋トレーニング」で話題の整体師・久嬢由起子監修! 冷えの入り口といわれる足首をすっぽり守る長さのあったかソックスに、足裏のツボを刺激するインソールを入れてはく、新しい「温活ソックス」できました!

足首周りをしっかり温めることが冬の“キレイ”への近道なんです!

p26-9
本格的な冷えが気になる季節。「特に足元から冷えちゃう…」というたくさんの女性の声に応えるべく、今月号はあったかソックス&足裏ツボ押しインソールを付録につけちゃいました!監修してくれたのは、今話題の肛筋トレーナー久嬢由起子さん。

「体が冷えると代謝の低下・肩こり&腰痛・セルライト肥大・生理痛の悪化・便秘など、美容にマイナスなことばかり。冬のキレイへの近道はとにかく体を温めることですが、特に足首周りを温めると全身の保温効果が高まります。そこでソックスは、足首周りをしっかり守る長め丈&ふわもこ素材に。見た目にも温かく女性ホルモンも整えるピンクを採用しました。インソールは腎臓や膀胱、尿管など、むくみケアやデトックスのツボを刺激する突起をつけたので、ソックスの中に入れてはくと相乗効果でやせ体質に。ハートの突起も巷にないデザインでかわいいですよね。おすすめの活用法は、お風呂上がりにまずこれをはいてからスキンケアをすること。はいたまま家事をしたり、簡単なストレッチを行うのも◎です。慣れるまでは自分で調整した方がいいけれど、基本的に、はく時間は気にしなくてOK。はいたまま眠ってもまったく問題ありません。 はくだけでキレイが手に入るソックス&インソール、さっそく今日から活用してくださいね!」

【POINT 1】ふわもこ素材&長め丈で足首周りがあったか♪

「ふわもこの柔らか素材で温かさも肌当たりも、通気性も◎!足首周りは元々脂肪がつきにくく冷えやすいパーツですが、これなら足首周りだけでなく、ふくらはぎ下までしっかりカバー。長すぎず短すぎないちょうどいい丈だから、日常使いにも便利」(久嬢さん)

リラックスタイムにはけば全身ポカポカ&冷えもむくみもシャットアウト!
p26-2

【POINT 2】ベビーピンク×ホワイトで、見た目からあったか&おしゃれ♪

「暖色系は見ただけで脳が『温かい』と判断して体を温めてくれます。中でもピンクは女性ホルモンのバランスを整えて女性らしさを高めてくれる色。ベビーピンクホワイトの色の組み合わせは、ただかわいいだけじゃなく、キレイにも効果大なんです!」(久嬢さん)

【POINT 3】インソールと一緒にはくと全身ポカポカ&やせ体質に!

p26-6
「インソールには、むくみをケアして血流を促すツボを厳選して採用。デトックス効果大だから、ソックスの中に入れてはくだけで全身スッキリ。ちなみにインソールの裏面のシートを剥がすとホコリがついてしまうので、剥がさずに使ってくださいね」(久嬢さん)

\インソールは土踏まずに当てるのがおすすめ!/
突起は足裏の中心が7ミリ、内側が9ミリと、足裏の形に合わせて高さを変えました。土踏まずの周辺にはむくみケアやデトックス、体を温めるのに効くツボがたくさんあるので、ここにインソールを当ててソックスをはけば、パンプスやブーツで一日中酷使された脚もポカポカ&癒されます!

どちらかでも、両方行ってもOK!はいたままストレッチするともっとポカポカ美BODYに!

【その1】 座っているときは足裏を合わせて股関節ストレッチ!
あぐらをかいた状態から両足裏を合わせて手前に引き寄せ、ひざを上下させることで股関節を動かす。痛気持ちいいぐらいの可動域で、10〜20秒×3セット行って。足裏を刺激しながら股関節を伸ばせば、代謝アップ&O脚やX脚もケア!
p26-4
10〜20秒×3セット
代謝アップ&全身スッキリ!

 

【その2】足裏を刺激しながら前ももを伸ばせば、さらに美脚効果!
片ひざをついて足先を持ち、おしりに近づけて前ももを伸ばす。同時に反対の足はグッと前に踏み込み足裏を刺激。これを左右各10〜20秒×3セット。脚のむくみケアだけでなく、骨盤周りの腸腰筋もストレッチできるから、腰痛ケア・体型維持にも効果的。
p26-5
左右各10〜20秒×3セット
むくみのないスラリ美脚に♪

 

監修してくれたのは…
p26-3
肛筋トレーナー・整体師 久嬢由起子さん
1982年生まれ。著書『やせたいなら肛筋を鍛えなさい』(KADOKAWA)で今、話題沸騰中の美人整体師&ボディメイクトレーナー。食生活アドバイザーや美容カウンセラーなど、美容に関する資格も数多く所有する。

 

『美的』1月号掲載
撮影/城 健太(vale./人物)、河野 望(静物) ヘア&メイク/佐伯エミー スタイリスト/坂下シホ(人物)、シダテルミ(静物) 構成/内田淳子(本誌)

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事