メイクHOW TO
2018.6.5

プレイリストのオレンジチークは発色◎! 血色感あふれる美人フェースに♪

可愛らしさをプラスするなら、チークを使えばいいんじゃない? そこまではOK。でも、かわいくなりすぎる幼い顔か、きりっとしすぎる大人顔かによって、色選びも入れる場所も変えないと、大人にちょうどいい“可愛げ”は生まれないのです。今回は、大人顔さんのオレンジチークの入れ方をレクチャーします!

Q. オレンジチークがくすんで見える気が…。

20180306%e7%be%8e%e7%9a%84_0672

A. 『鮮やかオレンジチーク』を上め逆三角入れで血色感UP!

大人顔さんがもとの雰囲気とマッチしながら、最も可愛らしく作れるのがオレンジチーク。鮮やかな発色でも厚みの出ないソフトマット質感のオレンジを、頬の上め・内側めに入れて恋したような上気頬に。可愛げが出る一方で、甘くなりすぎないオレンジの色味と、逆三角形のシャープな形が、大人っぽい顔立ちにしっくりとなじみます。

今回の使用アイテム

img_0005
血色につながる、ノンパールで鮮やかな発色の濃いめオレンジをチョイス。
資生堂インターナショナル プレイリスト マルチペインター オレンジ ¥2,500(編集部調べ)

\こちらもおすすめ!/
img_0035
(左)微粒子でふんわりしたつき。鮮やか色はミニサイズでも十分。
レ・メルヴェイユーズ・ラデュレミニ プレスト チークカラー 103 ¥2,500(限定発売)

(右)ジェルクリーム状で、薄マットなテクスチャー。
シャネル ルージュ ココ リップブラッシュ 412 ¥3,900

メイク方法

20180306%e7%be%8e%e7%9a%84_0691
オレンジチークを指先に取り、目の下1.5~2cmくらいの上めの位置でやや内側に、小さな下向きの三角形に入れる。その後、輪郭をぼかしてなじませる。このとき、大きく広げすぎないように気をつけて。

『美的』6月号掲載
撮影/中島 洸(まきうらオフィス/人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/小川未久 モデ/土屋巴瑞季 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

Pinterest Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事