メイクHOW TO
2018.6.8

「シャネル」の必携“限定”アイパレットでほんのりモードな彫深eye♪

ブラウン=オフィスの定番カラー、じゃないのが、今季のブラウンアイテムたち。選び方とちょっとのテクで、色っぽくも、ハンサムにも、ほんのりモードになれる、自由自在の進化系ブラウンメイクをお届けします。今回は、ヘアメイク笹本恭平さんにブラウンメイクを教えてもらいました。

 

ヘアメイク笹本恭平さんの考える夏のブラウンメイクは…
色っぽさを「ツヤブラウン」でメイクする

『ゴールドブラウン』の透け囲み目で彫り深アイ

201807g1-2
夏だからパレットのキラキラを主役にする提案。ヴィンテージゴールドにチョコブラウンを重ねた透け感のある囲み目は、顔だちを彫り深に見せ、引き込まれる眼差しに。

使用アイテム

img_0062
中段左のゴールドをアイホールと下まぶたの涙袋に。中段右の濃ブラウンを二重幅と下のまつげ際にライン的に入れ、2色を重ねて囲み目に。
シャネル レ ベージュ パレット ルガール ディープ ¥7,500(限定発売)

その他の使用アイテム

img_0041
オーバーめにじか塗り。ぷっくりと。
シュウ ウエムラ シアー カラー バーム グローインピンク ¥3,200

img_0002
ピンクチークを中央から円を描いて外へ。かわいさをプラス。
コーセー エスプリーク ピュアリーベール チーク PK-2c ¥2,300 (6月16日発売)

img_0021
下のみブラウンのインラインを入れ強調。
資生堂 インテグレート スナイプジェルライナー BR770 ¥950(7月21日発売)

『美的』7月号掲載
撮影/藤原 宏(pygmy company/人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini) スタイリスト/小川未久 モデル/森 絵梨佳 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事