メイクHOW TO
2018.6.10

アイシャドウベース|ルナソル・キャンメイク・エクセルなど人気ブランドのおすすめアイシャドウベース&使い方

アイシャドウベースのまとめ。顔の中で皮が薄いまぶたにはファンデーションだと厚塗り過ぎてよれてしまったり・・・せっかくのカラーを最高に発色&長持ちさせるためにはアイシャドウベースがおすすめ!元祖アイシャドウベースの「ルナソル アイリッドベース」など人気ブランドからキャンメイク・エクセルなどプチプラまで!プロ直伝の使い方も伝授♪

【目次】
ルナソルなど人気ブランドのアイシャドウベース
キャンメイク・エクセルなどプチプラアイシャドウベース
アイシャドウベースの使い方
アイシャドウベース代用で使えるコントロールカラーや目元用コンシーラー

ルナソルなど人気ブランドのアイシャドウベース

【1】ルナソル|アイリッドベース(N) 01

ルナソル|アイリッドベース(N) 01
2. アイシャドウ下地。まぶたの乾燥ぐすみを防ぐ。まぶたを明るくしっとり整える専用下地。
軽いハイライト効果で、くまの暗さから目を反らす効果が。

プロが教える-5歳の若見えベースメークテクニック 【目元編】

【2】RMK|インジーニアス アイシャドウ ベース N

RMK|インジーニアス アイシャドウ ベース N
【このアイテムのポイント】

・ひと手間かけて完成度を高く。
・目元のくすみをカバーして、続くアイシャドウの美しい発色を引き出すアイシャドウベース。
・きめ細かいパウダーがまぶたにフィット。オレンジは、茶ぐすみをカバーし、明るさをアップ。
・青くすみが気になる人はピンクを。

RMK|インジーニアス アイシャドウ ベース N

【3】MiMC(エムアイエムシー)|ミネラルクリーミーアイベース

MiMC(エムアイエムシー)|ミネラルクリーミーアイベース
【このアイテムのポイント】

・クランベリーやアサイーなどのフルーツオイルを使用した美容液アイベース。
・目もとを自然にトーンアップさせるピンクベージュは、微細なパール入りで品のある輝きをオン。

MiMC(エムアイエムシー)|ミネラルクリーミーアイベース

【4】コーセー|インフィニティ セラム アイベース

コーセー|インフィニティ セラム アイベース
【このアイテムのポイント】

・80%が美容液成分の目元用美容液下地。
・上品なパール感でくすみをオフし、ナチュラルに発色。単品使いも◎。01はライトベージュ。

コーセー|インフィニティ セラム アイベース

【5】NARS(ナーズ)|スマッジプルーフ アイシャドーベース

NARS(ナーズ)|スマッジプルーフ アイシャドーベース
【このアイテムのポイント】

・にじまない、よれない、固まらない、アイシャドウベース。
・決して仕上がりが重く見えることなく、軽い質感のプライマーが均一なキャンバスを作り、クリームやパウダーの色を鮮やかに出し、生き生きと、まるでつけたてのような仕上がりを一日中持続します。

NARS(ナーズ)|スマッジプルーフ アイシャドーベース

【6】shiro(シロ)|シアアイシャドウプライマー

shiro(シロ)|シアアイシャドウプライマー
【このアイテムのポイント】

・素材にこだわりをもって肌への優しさを追求。
・タピオカパウダー配合によりアイシャドウを美しくキープし、同時にまぶたを保湿する下地や、心地よくスルッとまぶたにのび、潤いを与えながら立体的な目元に仕上げるアイシャドウ。

shiro(シロ)|シアアイシャドウプライマー

【7】アルビオン|エクシアAL アイカラーベース

アルビオン|エクシアAL アイカラーベース
【このアイテムのポイント】

・うるおいのある明るく澄んだまぶたに整えて、アイカラーの仕上がりを美しく際立たせるアイカラー下地。
・なめらかなのび広がりとしなやかなフィット感でまぶたにピタッと密着。
・アイカラーの鮮やかな発色が高まり、つけたての美しい仕上がりを長時間サポート。
・さらに優れたトリートメント効果でまぶたにうるおいを与え、ふっくら明るい目元へと導きます。

アルビオン|エクシアAL アイカラーベース

【9】カネボウ化粧品|アンダーアイズコンシーラー

カネボウ化粧品|アンダーアイズベースN
【このアイテムのポイント】

 

・みずみずしい感触で軽やかにフィットして、クマやくすみを自然にカバーするタイプ。
・目の下専用コンシーラーならではの、美容液成分配合で潤いを長時間キープ。

カネボウ化粧品|アンダーアイズコンシーラー

キャンメイク・エクセルなどプチプラアイシャドウベース

【1】キャンメイク|アイシャドウベース

キャンメイク|アイシャドウベース
【このアイテムのポイント】

・アイシャドウの発色・もちをサポートするアイシャドウ下地。
・RBはくすみをカバーし、透明感のある目元に整えるブルー。

キャンメイク|アイシャドウベース

【2】サナ エクセル|シマリングシャドウ

サナ エクセル|シマリングシャドウ
【このアイテムのポイント】

・トレンドのツヤヌーディアイ!
・まぶたに溶け込むようにフィットし、立体感とツヤ感で〝美人骨格〟を演出するクリームアイシャドウ。
・クリームをのばすとパウダーに変化する処方でよれにくく、配合の〝絶妙パールMIX〟がくすみを払拭。アイベースとしても。

サナ エクセル|シマリングシャドウ

【3】スウィーツ スウィーツ|3Dアイベース

スウィーツ スウィーツ|3Dアイベース
【このアイテムのポイント】

・オイル処方で作られた、保湿性に優れたスティック型アイシャドウベース。
・ハイライトとしても重宝。

スウィーツ スウィーツ|3Dアイベース

【7】レブロン|フォトレディ アイ プライマー プラス ブライトナー

レブロン|フォトレディ アイ プライマー プラス ブライトナー
【このアイテムのポイント】

・目元悩みを一瞬で解消。
・アイシャドウベース&目元のハイライターとして使える1本。光を反射、拡散させるフォトクロマチック色素が、まぶたのくすみや目の下の小ジワなど気になる悩みをカバー。
・ジェルのように軽い感触なので厚ぼったくならないのが◎。

レブロン|フォトレディ アイ プライマー プラス ブライトナー

アイシャドウベースの使い方

【1】アイシャドウベースで目元明るく!若見えテクニック

\BEFORE/

アイシャドウベースで目元明るく!若見えテクニック
くまが気になる。目尻には小ジワも。

\AFTER/

アイシャドウベースで目元明るく!若見えテクニック
a. 目尻の小ジワが目立たなく! b. くまが明るくスッキリ!

\How to make up/

アイシャドウベースで目元明るく!若見えテクニック
【STEP1】
・アイシャドウ下地を指の腹にとり、上まぶた全体に薄くなじませる。
・ハイライト効果で上まぶたが明るく見えることで、下まぶたのくまも目立たなく。

アイシャドウベースで目元明るく!若見えテクニック
【STEP2】
・指先にアイシャドウ下地をごく少量とり、下まぶたの際に。
・光を集め、くまが気にならなくなる。くまの上におくのはかえって目立ってしまうのでNG。

プロが教える-5歳の若見えベースメークテクニック 【目元編】

【2】ヌーディーな目元を作るアイシャドウベースの使い方

ヌーディーな目元を作るアイシャドウベースの使い方
\How to make up/

・上下まぶたに点々とおく。
・指の腹でたたき込むようにしてなじませる。まぶたのくすみが取れて明るくなればOK。
・カバーしすぎると立体感がなくなり、目が小さく見えるので注意。

 

 

塗ってる?塗ってない?その危うさが魅力に。BBクリームで作る「透け肌」【後編】

アイシャドウベース代用で使えるコントロールカラーや目元用コンシーラー

【1】エレガンス|モデリング カラーベースEX UV

エレガンス|モデリング カラーベースEX UV
【このアイテムのポイント】

・くま、シミ、ソバカスに強いフレッシュなオレンジ。
・水っぽいサラサラとしたテクスチャー。

エレガンス|モデリング カラーベースEX UV
アイメークがよれないよう薄めに!

必見!コントロールカラーを味方につけて“憧れ美肌”をゲット

【2】ディオール|フィックス イット カラー

ディオール|フィックス イット カラー
■100 ブルー

【このアイテムのポイント】

・くすみが目立つお疲れ肌をパッと明るい肌色に。
・眉の下にハイライトとしてつかっても◎
・頬骨や額になじませるとみずみずしく爽やかな印象に。

ディオール|フィックス イット カラー
■200 アプリコット

【このアイテムのポイント】

・小麦色の肌の方に合わせて作られたカラー。
・色素沈着した部分や目の下のクマを補正。
・頬骨の上下、あご先につけると立体感のあるフェースに仕上げることができます。

ディオール|フィックス イット カラー
■300 イエロー

【このアイテムのポイント】

・赤み・青グマ・シミやくまなど幅広くカバーする万能カラー
・リップの下地として使うと透明感がアップ。

ディオール|フィックス イット カラー
■400 グリーン

【このアイテムのポイント】

・ニキビあとや吹き出物、赤みのある部分を目立ちにくくしてくれるグリーン。
・目の下や唇など、様々な赤みを補正し、透明感アップが叶います。

ディオールのカラフルコンシーラーを使った話題のクラウニング動画 公開中!

 

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事