メイクHOW TO
2018.7.8

「夏のファンデはリキッドorパウダー?」「目の下の乾燥小ジワにファンデーションが…」夏のメイクに関するお悩みを解決!

「夏のファンデはリキッドorパウダー?」「目の下の乾燥小ジワにファンデーションが…」

日焼け悩みの次に「とにかく困る(T-T)」という答えが多かったのが、メイク崩れ。朝はドロドロ、昼はどんより、夕方はカッサカサ・・・。夏にメイクを保つのはムリ!という皆さんの声に、ひとつひとつ対処法をお答えします! 普段なかなか聞けない素朴なお悩みの解決法を美容のプロに伺いました!

Q.日焼け対策しているけれど微妙にファンデの色が合わなくなってきた。やっぱり買い替えるべき?

A.YES。1~2段暗めの色を購入して、手もちのものと調合してみて

「微妙に日焼けした場合、合う色を見つけるのも大変。トーンダウンした色と混ぜ合わせて、肌に近い色を作って」(水井さん)

Q.下地・ファンデーション・日焼け止めを兼ねたアイテム1品だけで大丈夫?

A.NO!1品に真夏の肌を任せるのはやめましょう!

「1品で何役も担うアイテムは便利ですが、弱みもあります。それだけしか使わないのは心もとないかも」(水井さん)

Q.ハンカチにファンデーションがつくのがイヤ!

kd_6506_t1

A.ぬらしたコットンなど、すぐに捨てられるもので拭いて

「ぬらしたコットンで押さえれば、余分な皮脂を適度に取ることができます。ガーゼをハンカチの代用にしてもいいですね」(水井さん)

Q.目の下の乾燥小ジワに入るファンデーションが気になる!

A.シワの改善と保湿を兼ねた美容液を投入して

「たっぷりと水分を入れ込んだ後、美容液をシワの溝に入れ込むようにのばして。乾燥も、ファンデーションがシワ部分に入るのも防げます」(水井さん)

Q.夏のファンデーションはリキッドorパウダー?

A.夏用であればどちらでも。日中の悩みに応えてくれるものを

「夏向けに発売されている製品から、仕上がりの好み、使い心地、肌タイプに合わせて選んでみて」(尾花さん)

Q.肌が弱い人でも優しく使える下地やファンデーションといえば?

A.敏感肌でもOKの処方のものを選び、清潔なスポンジを使って優しくパッティングを

「まず、敏感肌用のUV下地で、外的刺激をブロック。その上からパウダーファンデーションをふわっとまといましょう」(尾花さん)

kd_biteki-100-0018
(左)100%天然由来の原料。
ネイチャーズウェイ ナチュラグラッセ UVパウダー コンパクト SPF50+・PA++++ ¥3,800(限定品)

(右)肌悩みをカバーしつつ、スキンケア効果も。
ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクション トーンアップ SPF50+・PA++++ 30ml ¥3,400(編集部調べ)

Q.下地やファンデーション、薄づきが良いと聞きますが、そうすると何も隠せません

A.適量を使っていますか?適当にのばしてもダメ

「薄くのばそうと意識しすぎかも。コンシーラーなどできちんとカバーしてから、ファンデーションを軽くのせましょう」(尾花さん)

 

kd_%e6%b0%b4%e4%ba%95%e7%9c%9f%e7%90%86%e5%ad%90%e3%80%80%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
トータルビューティーアドバイザー 水井真理子さん

%e5%b7%ae%e6%9b%bf_p1_%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f_%e5%b0%be%e8%8a%b1%e3%81%95%e3%82%93
ヘア&メイクアップアーティスト 尾花ケイコさん

 

『美的』7月号掲載
撮影/井出眞諭(人物)、中田裕史(静物) ヘア&メイク/得字マキ(nude.) スタイリスト/木川真理子 モデル/白石真実子 構成/飯島直子、小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事