メイクHOW TO
2018.6.14

キャンメイクのコンシーラー|お悩み別おすすめ色と使い方

ニキビ跡やシミ、そばかす、目の下のくまをカバーしてくれるキャンメイクのコンシーラー。お肌のトラブルやお悩み別におすすめの色やスティックタイプとパレットタイプの使い方を徹底解説。

【目次】
超優秀!人気キャンメイクのコンシーラーを徹底解剖
コンシーラーの選び方&基本的な使い方

超優秀!人気キャンメイクのコンシーラーを徹底解剖

肌のお悩み別おすすめ色|カラースティック モイストラスティングカバー

キャンメイク|カラースティック モイストラスティングカバー
SPF50+・PA++++ 全6色 ¥580

肌のお悩み別おすすめ色|カラースティック モイストラスティングカバー
カバー力だけでなく、密着力、保湿力も抜群のキャンメイクで人気のスティックタイプコンシーラー
ヨレにくい処方で肌にピタッとなじんで、肌悩みをしっかりカバーしながら化粧崩れも防いでくれます。少量でも隠したい肌悩みをカバーしてくれるので、厚塗り感もなし!
また、ヒアルロン酸やハチミツなどの美容保湿成分を配合しているので、乾燥が気になることもなく、なめらかな仕上がりが長時間持続します。
シミやそばかす、クマ、ニキビ跡などの肌悩みをカバーする色から、ハイライト効果のある色までの6色を展開。濃い色はシェーディングとして使える多機能アイテムです。

\カラー別使い方/
No.01 イエローベージュ

肌のお悩み別おすすめ色|カラースティック モイストラスティングカバー
目元の薄いクマや口元のくすみ、小鼻の脇の赤みをカバーしてくれる黄味がかったベージュです。

No.02 ナチュラルベージュ

肌のお悩み別おすすめ色|カラースティック モイストラスティングカバー
茶色いニキビ跡や、シミ・そばかすをカバーしてくれる自然なベージュです。

No.03 ベージュオークル

肌のお悩み別おすすめ色|カラースティック モイストラスティングカバー
濃いニキビ跡、シミ・そばかすをしっかりカバーしてくれるオークル系。ノーズシャドウとしても使えます。

No.04 アプリコット

肌のお悩み別おすすめ色|カラースティック モイストラスティングカバー
血行不良が原因でできる青クマのカバーに効果的なオレンジ系カラーです。

No.05 イエローゴールド

肌のお悩み別おすすめ色|カラースティック モイストラスティングカバー
色素沈着が原因でできる茶クマのカバーにはこちらの黄色系カラー。ハイライトとしても使えます。

No.06 ナチュラルオークル

肌のお悩み別おすすめ色|カラースティック モイストラスティングカバー
ニキビ跡、シミ・そばかすをナチュラルにカバーしたい人にはこちらがおすすめ。自然に肌色になじむカラーです。

\使い方/
カバー力と密着力があるから、スティックから直接トントンと塗って、指先でなじませて。その時、指でのばすというよりも、叩き込む要領でおさえるときれいな仕上がりに。

キャンメイクのコンシーラーは800円以下で超優秀!スティックにパレット…全種全色の効果や使い方を紹介

肌のお悩み別おすすめ色|キャンメイク カラーミキシングコンシーラー

キャンメイク|カラーミキシングコンシーラー
SPF50・PA++++ 全4色 ¥750

肌のお悩み別おすすめ色|キャンメイク カラーミキシングコンシーラー
ライトカラー、ナチュラルカラー、ダークカラーの3色入りのパレットコンシーラー。これ1つであらゆる肌悩みをしっかりカバー

パレットの左側のスペースは、3つの色を好きなように混ぜることができる“ミックススペース”。付属のチップ&ブラシは、広い範囲に塗りやすくて肌あたりの良いブラシと、狙った場所にピンポイントでのせられる先細チップのダブルエンドになっています。
肌にのばすと板状フィットパウダーがしっかりと密着すると同時に、球状パウダーが肌に伸び広がってサラサラな仕上がりに。厚塗り感も出ません。ヒアルロン酸Naやスクワランなどの保湿成分も配合

No.01 ライトベージュ

肌のお悩み別おすすめ色|キャンメイク カラーミキシングコンシーラー
\こんな人におすすめ/
色白さんや明るめの肌の人

No.02 ナチュラルベージュ

肌のお悩み別おすすめ色|キャンメイク カラーミキシングコンシーラー
\こんな人におすすめ/
標準的な肌色の人や、やや黒めの肌の人

No.C11 ピンク&ライトベージュ

肌のお悩み別おすすめ色|キャンメイク カラーミキシングコンシーラー
\こんな人におすすめ/
肌悩みを隠すだけでなく、血色感を与えて明るい肌を演出したい人

No.C12 イエロー&オレンジベージュ

肌のお悩み別おすすめ色|キャンメイク カラーミキシングコンシーラー
\こんな人におすすめ/
茶クマや青クマ、小鼻の赤みが気になる人

≪3色コンシーラーの使い方≫
パレットの左から、ライトカラー、ナチュラルカラー、ダークカラーの順に並んでいます。

肌のお悩み別おすすめ色|キャンメイク カラーミキシングコンシーラー
ライトカラーのおすすめパーツ:クマ
01、02は鼻筋などにのせればハイライトとして、C11、C12はカラーコントロールとしても使用できます。
どれも肌なじみの良いパール入り。

ナチュラルカラーのおすすめパーツ:小鼻の赤み、口角や目尻のくすみ
C12はクマのカバーにも効果を発揮してくれます。

ダークカラーのおすすめパーツ:でっぱりニキビやニキビ跡、シミ
小さいシミには先細チップを、ニキビ跡や大きめのシミにはブラシを使うと上手にカバーできます。

キャンメイクのコンシーラーは800円以下で超優秀!スティックにパレット…全種全色の効果や使い方を紹介

キャンメイク| ハイライト&リタッチコンシーラー UV

SPF40・PA++ ¥580

キャンメイク| ハイライト&リタッチコンシーラー UV
クマやくすみを光で飛ばすやわらかい質感のリキッドタイプのコンシーラー
繊細なゴールド&ピンクのパールが、小鼻まわりやほうれい線などくすみがちな部分をスポットライトのように明るく見せてくれます。よれたり崩れたりせずにピタッと密着するので、メイクの上からのリタッチにも◎

さらに、血行促進、保湿、美白、アンチエイジング、整肌などのスキンケア効果のある美容液成分を84%も配合。みずみずしい使い心地で、乾燥知らずの肌に仕上げてくれます。厚塗り感や粉っぽさがないのも嬉しいポイント。

≪使い方≫
くすみが気になる部分や、夕方の疲れた目元・崩れが気になる箇所に、チップで直接液をのせてから、指でぼかします。

キャンメイクのコンシーラーは800円以下で超優秀!スティックにパレット…全種全色の効果や使い方を紹介

キャンメイク| カバー&ストレッチコンシーラー UV

01・02:SPF25・PA++/C01:SPF50+・PA++
全3色 ¥780

キャンメイク| カバー&ストレッチコンシーラー UV
肌悩みをしっかりカバーしたい人におすすめのウォータープルーフ処方のコンシーラー。伸縮性に優れた特殊パウダー配合で、よれたりしわになることなくピタッと肌に密着して透明感のあるキレイな仕上がりを長時間キープ。
皮脂吸収成分がベタつきやテカリを抑え、保湿成分がうるおいをきちんと補給してくれる。

No.01 ライトベージュ

光拡散効果により、毛穴、キメ、小じわをカバーしてくれるだけでなく、ハイライト効果も発揮して、明るく立体感のある肌を演出してくれます。

キャンメイク| カバー&ストレッチコンシーラー UV
目元や口元のくすみ、小鼻の脇の赤みやニキビ跡の赤みカバーにおすすめの明るめのベージュです。

No.02 ナチュラルベージュ

キャンメイク| カバー&ストレッチコンシーラー UV
目元のクマや、頬にできた茶色いシミ・そばかすのカバーにおすすめのなじみやすいベージュです。

No.C01 ライトグリーン

キャンメイク| カバー&ストレッチコンシーラー UV
小鼻や頬の赤み、ニキビ跡を補正してくれるカラーコントロール効果のあるライトグリーンです。

≪使い方≫
パウダーファンデーションを使っている場合はファンデーションの前に、リキッドファンデーションを使っている場合はファンデーションの後に、チップを使って肌にのせて、指でなじませます。

キャンメイクのコンシーラーは800円以下で超優秀!スティックにパレット…全種全色の効果や使い方を紹介

コンシーラーの選び方&基本的な使い方

コンシーラーの基本の使い方とクマのタイプ別おすすめ色

■コンシーラーの順番はファンデのタイプで変える

コンシーラーを使う時に注意したいのが肌にのせる順番。
ファンデーションのタイプによって、ファンデーションの前と後、どちらにコンシーラーを使うべきかが異なります。

 

■パウダーファンデーション:コンシーラーはファンデの“前”

下地やコントロールカラーなどをのせてからコンシーラーを使い、その後パウダーファンデーションを塗っていきます。

 

■リキッド&クリームファンデーション:コンシーラーはファンデの“後”

下地やコントロールカラーなどをのせ、ファンデを顔に伸ばしたのち、コンシーラーで気になる個所をカバーしていきましょう。
エマルジョンやクッションタイプの場合も同様に、コンシーラーはファンデの後に使うのがおすすめです。

チェック!あなたのクマはどのタイプ?
青クマ:血行不良、目の疲れ、寝不足
目の下を軽く引っ張ると、クマが薄くなるのがこのタイプ。しかし完全には消えません。目の周りの毛細血管の血流が滞ることで、皮膚が薄い目の下が青黒く見えます。

青クマには・・・[04]アプリコット

コンシーラーの基本の使い方とクマのタイプ別おすすめ色
青クマカバーに最適なのはオレンジ系。『カラースティック』では、“[04]アプリコット”がおすすめです。

黒クマ:加齢、コラーゲンの現象、たるみ、むくみ
目の下にくぼみができていて、その影がクマに見えるのが黒クマ。上を向くと目立たなくなるのが特徴。

黒クマには・・・[06]ナチュラルオークル

コンシーラーの基本の使い方とクマのタイプ別おすすめ色
黒クマには、ベージュやオークルを使いましょう。こちらの“[06]ナチュラルオークル”や、“[02]ナチュラルベージュ”のカラーを、肌の色に合わせて選んでみてくださいね。こちらの色味は、ニキビ跡やシミにもオススメですよ。

茶クマ:色素沈着、角質の肥厚、小さなシミの集合
茶クマは、目の下を引っ張ったり上を向いてもクマが薄くなりません。

茶クマには・・・[05]イエローゴールド

コンシーラーの基本の使い方とクマのタイプ別おすすめ色
茶クマに使うべきはイエロー系。“[05]イエローゴールド”のような色味が良いでしょう。

ファンデの前or後?「コンシーラー」の基本&クマのタイプ別選び方

お悩み別コンシーラーの選び方&使い方ガイド

シミ・ニキビ痕
→パレットタイプ・スティックタイプのコンシーラーで『覆い塗り』

シミやニキビ痕は面積が小さく、表情によって動きにくい部分にあるので、大胆に厚塗りしてOK。
色素を覆い隠すように塗り、境目を軽くぼかせばシミやニキビ痕を〝なかったこと〟に!

【1】隠したい部分よりひと回り大きく塗る

お悩み別コンシーラーの選び方&使い方ガイド

【2】隠したい部分よりひと回り大きく塗る

お悩み別コンシーラーの選び方&使い方ガイド
シミやニキビ痕の上に、パレットならブラシで、スティックなら直接塗る。ひと回り大きく、完全にカバーして。

【3】 指先で境目をそっとぼかす

お悩み別コンシーラーの選び方&使い方ガイド
コンシーラーの縁に指先で触れるようにして境目をぼかす。その後、仕上げ用パウダーを重ねればより安心。

キレイにカバーできた!

お悩み別コンシーラーの選び方&使い方ガイド
■NGな使い方
コンシーラーの色が合っていなかったり質感がマットだと、塗った部分が浮いてしまい余計に目立ってしまいます。

お悩み別コンシーラーの選び方&使い方ガイド
小さなシミ・ソバカス
→ペンシルコンシーラーで〝たたき塗り〟

小さなシミやソバカスに活躍するのが、サラッと薄づきのペンシル&リキッドコンシーラー!
グリグリ塗りたくなる気持ちを抑え、ペン先で軽くたたくようにしてごく少量のせるのが上手な使い方のポイント。初期ニキビの小さな赤みにも活躍します。

ポンポンと軽くたたくように色をのせて

お悩み別コンシーラーの選び方&使い方ガイド
キレイにカバーできた!

お悩み別コンシーラーの選び方&使い方ガイド
■NGな使い方
スティックの先でグリグリ塗りつぶすと、たちまち厚塗りに!やりがちなので注意!

お悩み別コンシーラーの選び方&使い方ガイド

悩み別・コンシーラーの  選び方&使い方完全ガイド

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事