メイクHOW TO
2018.10.2

秋らしいランコムのマット系深みカラーリップで即美人顔に!

あなたが目指すべき美人顔に合わせた盛り方とは? ふわっと盛る所、しっかり盛る所…旬顔になるためのルールと、シーン別の応用編で、秋からのメイクの鮮度をグンと上げましょう!

p74-3
今回は、目鼻立ちがはっきりした大人顔の基本ルールをレクチャー。いくら盛りメイクにトレンドがきているとはいえ目元もリップもしっかり盛るのはトゥーマッチ。どこか古くさいコンサバ顔になってしまいがちなのです。おしゃれな雰囲気に転ばせるためには、目元は“20%のちょい盛り”、唇は“80%のしっかり盛り”のバランスをマスターして。

目元はマット系系シャドウでNOグラデ、アイラインはまつげのキワに潜ませる

p74-5
元々目がぱっちりしている人は、アイシャドウで主張しない方がベター。肌なじみのいいマット系シャドウでさりげない陰影感をプラスする程度でOKです。アイラインもしっかり引かず、まぶたを軽く持ち上げてまつげの隙間を埋める程度で充分。ニュアンス程度にほんのり引き締めて、抜け感を出すのがポイントです。

POINT
・マットシャドウをワントーンでアイホールに!
・アイラインはまつげの隙間に!

唇はマット系深みカラーをソフトに塗る!

201811garimuralip0425
ここでツヤツヤの派手カラーを選んでしまうと、おしゃれ感の低い濃い顔になるから注意。秋らしい深みカラーかつマット系の質感を選んで。リップを唇に塗ったら指でポンポンと全体をぼかす一手間を。唇だけが悪目立ちしない今どきの美人顔に仕上がります。

使用アイテム

p74-7
(左)柔らかいタッチで描けるグレイッシュブラウン。
カネボウ化粧品 ルナソル スタイリングジェルアイライナー 04 ¥3,000

(右)ホイップクリームのような感触でのび、ぴたりとフィット。ノンパールで肌との一体感も◎。
ベアミネラル ジェン ヌードアイシャドウ+プライマー ウォーク ¥3,200

p74-1
クリーミーなつけ心地で潤いを内包しつつ、表面はふんわりセミマット質感をキープ。
ランコム ラプソリュ ルージュ DM196 ¥4,000

201811geyelipanasuiimg_0068
付属のスポンジでのせるコーラルのクリームチーク。頬骨に沿ってオン。
アナ スイ スタンプ チークカラー 600 ¥3,000

『美的』11月号掲載
撮影/三瓶康友(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/小川未久 モデル/有村実樹 構成/安井千恵

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事