メイクHOW TO
2018.10.12

超優秀! ケイトの最新アイシャドウ|ソフト囲み目でデキる女風メイクにトライ!

きちんと感が必要なオフィスシーンにぴったりなブラウンアイメイク。今回は、ケイトのアイシャドウとデジャヴュのアイライナーを使って、上品な眼差しを演出しました。それに合わせるリップはローズピンクでエレガントに。メイクポイントに注意して、できる女風メイクを真似してみて。

ベーシックカラーで程よく女っぽいキリッと顔に

p86-1
ともすると後輩キャラに見られがちな幼な顔の人も、メイクの盛りバランスに気をつければ親しみやすさは残したままデキる女系の雰囲気に。カギとなるのはソフト囲み目です!

ブラウンシャドウで淡く囲み、ブラウンライナーをキワにしっかり入れて、上品な眼差しをアピール

p86-2
囲み目が重くならずにキマるのは、幼な顔ならでは。ブラウンシャドウで下まぶた全体に影を仕込み、彫りの深さをナチュラルに強調。このとき、キワに入れるアイラインは上まぶただけにした方がきつく見えません。

POINT
・コーラルベージュをアイホールに
・アイラインはまつげの隙間&アウトラインに
・アイホールの半分にブラウンを重ねる
・下まぶた全体にブラウンを

ローズピンクリップをオーバー気味に塗って、エレガントに

p86-3
アイメイクはキリリと仕上げた分、リップで女らしさをプラスして「色っぽかわいい」バランスに。セミマットなローズピンクならキレイなお姉さん風の口元に。

使用アイテム

p86-6
(右)右のコーラルベージュと中央下のブラウンを使用。
カネボウ化粧品 ケイト ヴィンテージモードアイズ RD-1 ¥1,200(編集部調べ)

(左)柔らかい印象をキープする明るめの茶色。
イミュ デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル ピュアブラウン ¥1,200

p86-5
ホホバオイル配合で潤いケア&縦ジワをカバーしながら、セミマット唇に。
ロレアル パリ カラーリッシュ モイストマット N 211 ¥1,800

p86-4
左側のソフトオレンジを外側からシャープに入れ、骨格をキュッと引き締めて。
セルヴォーク カムフィー ブラッシュ 05 ¥3,500

 

『美的』11月号掲載
撮影/三瓶康友(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/小川未久 モデル/千国めぐみ 構成/安井千恵

この記事をシェアする

Pinterest Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事