メイクHOW TO
2018.10.16

「SUQQU」の赤みシャドウでインスタ映え!週末のパーティに女っぽモードな華やかアイ

だんだんとパーティシーズンが近づいてきて、メイクをアップデートしたいと悩んではいませんか? そんな時は、赤みシャドウを使うのがおすすめ。写真映えする女っぽモード顔が即叶います♪

華やかカラーで写真映えする女っぽモード顔に

p88-1
素敵なビストロでワイワイ盛り上がりながら、インスタグラム用の写真も撮って…そんなシチュエーションには深めの赤で仕上げる盛りメイクが映えます。じんわり色気が漂って、実はメンズウケも狙えるんです。

赤みシャドウ&赤みブラウンライナーで囲み目にして、熱っぽい目ヂカラを

p88-2
ブラウンや黒で囲み目にするとなんだか怖い感じになってしまうけれど、赤み系で完成させるとここまで女らしさが。下まぶたをラインで囲ってもやりすぎにならず、しっかりと深みが出せます。上まぶたは赤みで腫れぼったく見えないように境目をテラコッタベージュでぼかす一手間を。

POINT
・アイホールにくすみピンクを
・アイラインは上下まつげの隙間&アウトラインに
・境目をテラコッタベージュでなじませる
・下まぶたにもくすみピンクを

落ち着いたトーンの赤リップをオーバー気味に塗って、程よく色っぽさを強調

p88-3
レンガ色のようなくすんだ赤のマットリップなら嫌みのない色っぽさに。目元の色と赤みのトーンがリンクしているのでメイク全体に統一感も。

使用アイテム

p88-6
(右)右上のテラコッタベージュと左下のくすみピンクを使用。ぬれた質感に見せるデリケートなパールが秀逸。
SUQQU デザイニング カラー アイズ 11 ¥6,800

(左)“エロス”という色名も印象的なバーガンディブラウン。濃すぎない発色で囲み目メイクにも最適。
シャネル スティロ ユー ウォータープルーフ 928 ¥3,200

p88-5
しっかり発色しつつも肌なじみのいい、マットなくすみレッド。
井田ラボラトリーズ キャンメイク クレヨンマットリップ 01  ¥600

 

『美的』11月号掲載
撮影/三瓶康友(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/小川未久 モデル/千国めぐみ 構成/安井千恵

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事


https://bigtexture.com/

rbt.com.ua

mobile massage therapy