メイクHOW TO
2018.11.9

ディオール、M・A・C、ランコム…デートに最適な美人度を上げるツヤ&マットの華やかメイク

年末に向けてだんだんと増えてくるイベントデート。どんなときも“キレイだな”と思われるメイクのキーワードは“質感違いの組み合わせ”です。目力UPのうるうるアイ&華やかマットリップで彼をドキッとさせる華やかメイクをマスターして。

非日常な空間で主役になれる“光キラ×するマット”のこなれ華メイク

_64a1779
光とマット、色より質感で盛る華やかさで、さりげなく彼をどきどきさせる作戦♪
彼とステディになって半年。一緒におしゃれして出かけるのが楽しみな年末のイベントデートには、華やかだけれどこなれたメイクで挑みたいもの。目元と口元、両方盛っても程よく色っぽくキマるバランスの幼な顔さんは、目元はツヤ、口元はマットの質感でおしゃれ感を際立たせて。色は盛らずに光感で盛る潤んだような目元と、するんとなめらかな深みローズリップの特別感で美人度をUPしたら、彼にプロポーズを決心させるかも!?

「キラキラ度100%」のツヤまぶた&点おきラメで引力のある瞳に

_64a1997
【カレ目線POINT 1】
「目力が強くてうるうるした瞳に吸い込まれそう…!」

 

「マット度80%」のベルベット質感のローズリップで一気に華やかに

_64a2022
【カレ目線POINT 2】
「彼女のドレスUP姿も大好き♪ ドラマな唇にドキッ!」

 

使用アイテム

img_0017
(左から)
アイホールにA、上まぶたのキワにBを。
ディオール サンク クルール<ミッドナイト ウィッシュ> 617¥7,700(限定発売)

目の下に点おきして潤んだようなキラメキをON。
M・A・C ダズルシャドウリキッド ノットアフレイドトゥスパークル ¥2,900

img_0011
ベルベットのような滑らかなツヤを含み、濃密に発色する深みローズのマットリップ。じかづけしてから指で輪郭をぼかして。
ランコム ラプソリュ ルージュ DM507 ¥4,000

 

『美的』12月号掲載
撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK/人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/大島 愛 モデル/千国めぐみ 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事