メイクHOW TO
2019.6.18

加治ひとみさんの夏でもくずれないベースメイク術|ポイントはツヤのあるコンシーラー使い

美人な人ほど夏のベースメイクはくずれていないもの。一体どのようにしているの? モデル・アーティストの加治ひとみさんに夏でもくずれないベースメイクのポイントを伺いました。

隠しながらツヤを足し、いつでも光を操って美しさを増す肌へ

p75-2
汗をたくさんかくライブでも、くずれた印象のない美肌をキープ! その秘訣は、ハイライトとしても使えるコンシーラーの1本使いにありました。

「ツヤのあるコンシーラーを使う理由は、光はどこにでもあって味方につけた方が、肌がキレイに見えるから。これで気になる部分だけを隠すメイク法に変えたら、マスカラはにじまないし、笑いジワや毛穴落ちもなくなり、いいことずくめです」(加治ひとみさん)

加治さんの極意!

肌へ直接のせてから指で優しく入念にたたき込む
p75-4

p75-3
くまや小鼻の赤み、広角の下へ少量を直接のせたら、指の腹で丁寧にたたき込んでなじませる。ニキビができたときは、やや固めのスティック型コンシーラーでカバー。

p75-1
「薄くピタッと密着して汗をかいてもよれにくいから、5年以上愛用中。」
イヴ・サンローラン ラディアントタッチ 3.5 ¥5,000

 

お話を伺ったのは…
p75-2
モデル・アーティスト 加治ひとみさん
かじひとみ/美しい肌とキュートなルックス、ヘルシーな色気で人気急上昇中!シンガーソングライターとしても活躍。31歳。

 

『美的』7月号掲載
撮影/天日恵美子、河野 望(静物) ヘア&メイク/MAKI(LINX) スタイリスト/楠 玲子(人物)、大島有華(静物) 構成/北川真澄

この記事をシェアする

Pinterest google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事