シーン別メイク
2017.8.4

浴衣メイクは艶感がカギ! 練りチークを使ってはんなり美人に

朱赤の練りチークで、ほんのり上気頰を主役に。しとやか清楚見えを狙う

681
花火大会は、夜遊びシーンの中でも特別。盛るといっても派手色やラメは、浴衣とちぐはぐになるのでNG。あくまでも清楚に、和テイストを意識して。カギとなるのは練りチークで作る上気したような艶っぽい頰。目元や口元に濃い色を使わなくても、艶さえあれば清楚かつ華やかに。浴衣とマッチした和風美人がかないます。

使用アイテム

683
クリーミーなテクスチャーで肌にフィットしツヤと血色を演出。
NARS マットマルティプル 1582 ¥4,800

メイク方法

682
肌と一体化する練りチークでリアルな上気感を追求
チークを指にとり、頰の中心からこめかみに向かって楕円形にのばします。スポンジではなく指で丁寧になじませれば、体温によって密着感もアップし、よりリアルな血色に。

その他の使用アイテム

yorumote13
唇も艶っぽく。
クラランス コンフォートリップオイル 05 ¥3,200

yorumote14
目元はごくナチュラルがバランス◎。
ディオール サンク クルール 647 ¥7,600

 

2017年『美的』8月号掲載
撮影/彦坂栄治(まきうらオフィス・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/木津明子 モデル/有村実樹、泉 里香、岸本セシル 撮影協力/Blue Note Tokyo デザイン/Jupe design 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

Pinterest Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事


profvest.com

profvest.com

profvest.com