シーン別メイク
2018.5.3

エレガンスのキラキラアイシャドウ×アディクションのマットリップで最旬パーティメイク♪

目元と口元のツヤバランスでシーンに合ったメイクを楽しみませんか? 今回は、結婚式のパーティがテーマ。エレガンスのアイシャドウと、アディクションのリップでトレンドを押さえたこなれメイクにトライ♪

ウエディングパーティはキラキラの華やか目元×鮮やかマットリップが正解!

p89
仲良しの友人の結婚式、いつもと違うドレスアップした顔で行きたいけれど、きちんとしようとするとコンサバメイクになりがち…。ならば今年は、ふたつの相反する質感を味方につけて。指でポンポンづけすると、まぶたをビジューのようにきらめかせるシルバーのラメアイシャドウはホテルなどのゴージャスな照明に映えるもの。口元は、フューシャピンクの薄膜マットのリップで鮮やかに。ともに旬の質感で、上品でトレンド感のある顔にしてくれます。

使用アイテム

p88-a
(左から)
シャンパン系シルバーの大粒ラメシャドウ。アイホールに指でポンポンづけ。下まぶたの目尻にも。
エレガンス クルーズ アイカラー プレイフル MN03 ¥1,800 

ゴールドパール入りのチョコレートブラックでシャドウラインを。目尻は長めに少し跳ね上げて。
エレガンス クルーズ アイカラー プレイフル MN05 ¥1,800

p88-b
するするっとみずみずしくのびるグロスの形状。唇の水分がとぶと、ごく薄膜でマットに色づくステインリップに。ぱっと目を引く華やかさと女の子のかわいらしさが同居するフューシャピンク。
アディクション ストールンキス 006 ¥2,800(限定発売中)

メイク方法

p88-1
シルバーに瞬くラメアイシャドウできらめく存在に
今年トレンドのひとつとして注目のラメアイシャドウを使ったまぶたは、結婚式の会場のスポット照明と好相性。上質で強い輝きのシルバーラメがまぶたをきらめかせて、遠目でも明るく近くからは自然に、目元を華やかに彩ります。

p88-2
あえてのマットピンクのリップで引き締め
ラメアイシャドウに合わせるリップがツヤ感の高いグロスだと、少し古く野暮ったい印象。今年ならマットリップを合わせて、さらにトレンドを盛り込んで。薄膜の軽やかなマット感で派手ピンクを合わせ、こなれたおしゃれに。

その他のメイクアイテム

p88-3
キラキラアイとマットリップをつなぐのは肌のハイライトのなめらかなツヤ80%
きちんとした結婚式場には、セミマットなベースメイクがマッチ。その代わり、肌にみずみずしいツヤと明るさを与えるハイライトを頬の高いところに入れて透明感を出すのが今どき。目元・口元のメイクのつなぎにも。

p88-c
カネボウ化粧品 ルナソル ラディアントスティック 01 ¥3,000

『美的』5月号掲載
撮影/彦坂栄治(まきうらオフィス/人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE) スタイリスト/小川未久
モデル/藤野有里 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事


rikon-ya.com

start-sport.com.ua/boevye-iskusstva/boks/kapy

www.start-sport.com.ua/noski/butylki-sportivnye