シーン別メイク
2018.7.8

ディオールのオレンジアイシャドウで色っぽさUP! おしゃれ上級者メイクにトライ♪

連日30度オーバーで暑い日が続きますが、そろそろビアガーデンが楽しみになってくる季節♪ 夜に映えるメイクをヘア&メイクアップアーティストの犬木愛さんに教えてもらいました。 熱っぽさが色っぽいオレンジシャドウ&マスカラメイクにトライしてみて。

ホットオレンジのシャドウ&マスカラでじわんと熱っぽく

201807gyoasobibeer2
メイクのポイントを“目の下側”にもってきて、センスの良さをアピール
蒸し暑い季節に外で飲むビールは最高! 仲間内でワイワイ楽しむなら、トレンドのカラーマスカラで下まつげを盛って、いつものメイクに鮮度をプラス。このとき下まぶたの色も同系色でそろえると目元だけが浮かず、繊細なきらめきが屋外のライトにも映えて“センスいいね!”と感じさせるアイメイクが完成。

201807gbeer-2

使用アイテム

img_0114

A 主役級のホットオレンジとベージュブラウン系がワンパレットに。
ディオール サンク クルール〈クール ウェーブ〉 597 ¥7,700(限定品)

B ウォータープルーフ処方。
アディクション ジュエル カラー マスカラ Indian Summer ¥3,200(限定発売)

メイク方法

180409-1365
ホットオレンジのシャドウ&マスカラでじわんと熱っぽく
下まぶたの目頭&目尻を避けた部分にAの真ん中のオレンジをのせ、Bのオレンジマスカラを全体に。上まぶたはアに左上のベージュ、キワに右下のブラウンを。

その他の使用アイテム

img_0137
ブラッドオレンジカラーがクリアに発色。
SUQQU フロウレス リップ グロス 104 ¥3,500(限定品)

img_0130
頬の外側に入れ、オレンジまぶたの存在感を引き立てて。
コーセー エスプリーク ピュアリーベー チーク PK-1 ¥2,300(編集部調べ)

『美的』7月号掲載
撮影/菊地泰久(vale.人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/犬木 愛(agee) スタイリスト/小川未久 モデル/上西星来、藤野有理、森田 健 構成/安井千恵

この記事をシェアする

Pinterest Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事