メイクアップニュース
2019.1.19

【美的3月号特別付録】人気H&M犬木愛さん監修! 簡単に美眉が描ける究極の眉ブラシ

眉がうまく描けない…と頭を抱えている皆さーん! 眉ブラシを使って描くと、眉の出来が格段に違うんですよ。今回は、ブラシ初心者さんでも上手に描ける究極の眉ブラシを、人気ヘア&メイクアップアーティスト・犬木 愛さんとともに作成しました。

犬木 愛さん的、2019年の「ふんわり眉」って、こういうこと!

kd_0424

【条件1】自分の毛を最大限に生かした、ふんわり立体的な眉

自然に生えている毛を最大限に生かした眉が最近のトレンドであり、私の好きな眉。自眉がきちんと生えている所に眉メイクを施すと自然な立体感を出しやすいし、ふんわり優しげな、幸せそうな印象に仕上がります(犬木さん)

【条件2】眉頭には程よい抜け感があり、眉尻まで自然なカーブを描く眉

眉頭はスクリューで自然にぼかしつつ、自眉を生かしながら、眉尻まで描きましょう。『描きました感』が出たり老けた印象になるので、自眉が生えていない部分に無理に描く必要はありません!(犬木さん)

【条件3】自眉や髪の色に合う色で、ナチュラル&繊細に描いた眉

アイブロウアイテムの色も、自眉や髪の色に自然になじむ色をチョイスして。1度にベタッと雑に色をのせるのではなく、眉毛を1本1本描き足すようなイメージでメイクしながら濃さを調整すると、キレイに仕上がります(犬木さん)

ツールにこだわれば眉メイクがもっと楽しく!

「ツールにこだわるだけで、メイクの腕って本当に上がるんです」と語るのは、人気ヘア&メイクアップアーティスト 犬木 愛さん。眉メイクを苦手だと感じている読者が多い中、今回は犬木さんに付録「『ふんわり眉』完璧ブラシ」の監修をしていただきました! 特にこだわったポイントは?

「まず平筆ブラシとスクリューのWエンドにした点。『描く』『ぼかす』『整える』という、眉メイクに必要なプロセスがこれ1本で簡単にかないます。平筆ブラシは上質な人工毛をたっぷりと使用。柔らかだけれどコシはしっかりあるので、眉毛1本1本を繊細に描き足すことができます。スクリューは最大限、細く&柔らかくすることで、細かい部分までぼかしたり整えたりすることが可能に。どんなアイブロウアイテムも、このブラシを使えば簡単&キレイに仕上がります。アイメイクやリップメイクはその日の気分で変えるのに、眉メイクはワンパターンという人が多いですよね。このブラシがあればいろいろな眉メイクにチャレンジできるので、眉メイクがもっと楽しくなること間違いなしです!」

「ふんわり眉」をかなえるのはこのブラシ!

「美的オリジナル付録『ふんわり眉』完璧ブラシ」
201903gfurokukd_img_0061

【POINT 01】毛量たっぷり平筆ブラシで眉を繊細に描き足せる!

\毛流れに沿って1本1本描ける!/
kd_0471
上質な人工毛をたっぷりと使用。柔らかで肌当たりは優しいのに、コシはしっかり。毛先が斜めカットなので、自眉の生えているエリアに沿って、眉毛を1本1本繊細に描き足せる。

 

【POINT 02】直径約8mmのグリップは握りやすさも使いやすさも抜群!

\指先にフィットして描きやすい!/
kd_0480
グリップは直径約8mmのちょうどいい太さで、マット加工が施されているのでとても握りやすく使いやすい! シルバー×ネイビーのシンプルなデザインも大人っぽくておしゃれ♪

 

【POINT 03】極細&柔らかスクリューでぼかすのも整えるのも自由自在!

\眉頭も自然にぼかせる!/
kd_0463
直径約4mmのスクリューは最大限、柔らかな素材をチョイス。極細なので細部までキレイに毛流れを整えたり、眉頭を繊細にぼかしたりするのもテクいらずで簡単にかなう。

 

監修してくれたのは…
kd_%e7%8a%ac%e6%9c%a8-%e6%84%9b%e6%9c%80%e6%96%b0
ヘア&メイクアップアーティスト 犬木 愛さん
いぬき あい/agee所属。確かな技術とトレンドの空気感を巧みに取り入れながら、その人がもつ可愛らしさを最大限に引き出すメイクが大人気!

 

『美的』3月号掲載
撮影/三瓶康友(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/犬木 愛(agee) スタイリスト/小川未久 モデル/森 絵梨佳 構成/内田淳子

この記事をシェアする

Pinterest google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事