ペンシルより断然「アイブロウパウダー」!自然な立体眉の作り方

メイクアップ動画
2015.11.10

ペンシルより断然「アイブロウパウダー」!自然な立体眉の作り方


近年の眉メイクのトレンドは“ナチュラル”。濃くハッキリと描くのではなく、自眉を活かした自然な眉が人気を集めています。そんなナチュラルな眉を描く必需品がアイブロウパウダー。使用している人も多いかと思いますが、実は眉をより自然で立体的に見せるテクニックがあるんです。

そこで今回は、美眉アドバイザーとして活動する筆者が、ワンランク上のアイブロウパウダーの使い方を動画でご紹介します。

 

 

■2色使いは当たり前!理想は3色で作るグラデーション

普段1色のアイブロウパウダーで眉を描いているという人も少なくありませんが、2色以上使用するのがおすすめ。筆者のおすすめは3色。パーツによって色を使い分けることで眉に立体感が生まれます。具体的な眉の描き方とパウダーの使い方は以下です。

(1)一番濃い色で眉山~眉尻を描く

まずは濃い色のパウダーを使用し、眉頭から眉尻を描きます。ブラシは、やや固めのコシがあるものを使用すると描きやすいのでおすすめです。

(2)眉中~眉山を描く

次に、二番目に濃い色で眉中~眉山にかけてパウダーをのせていきます。ブラシは(1)同様、コシのあるものを使用します。この部分は眉を描くというよりは、眉毛と眉毛の隙間を埋めるように色をのせるイメージで描くとよいです。

(3)眉頭に淡いブラウンをのせる

眉頭に濃い色のパウダーをのせてしまうと、眉頭の印象が強くなり過ぎ、キツイ顔立ちに見えたり、違和感のある仕上がりになってしまいがちです。そこで、眉頭は一番淡いブラウンや、ベージュに近いパウダーをのせる程度でOKです。ブラシはやわらかいものを使用し、パウダーをふんわりと眉頭~眉中にかけてのせます。こうすることで眉全体がやわらかくなり、自然な印象に仕上がります。

(4)ハーフ顔を叶えるワンポイント仕上げテク

最後に、彫を深く見せたい、メリハリ顔に見せたい人におすすめの仕上げのテクニックをご紹介します。(3)で使用したブラシにほんのり残ったパウダーを使用し、眉頭からノーズラインに向けてスッとノーズシャドウを入れます。眉頭とノーズラインがつながることで、鼻筋が通ったメリハリ顔に見えるのでおすすめです。

 

以上、ワンランク上のアイブロウパウダーの使い方をご紹介しました。これらを参考に、立体感のある流行のナチュラル眉を楽しんでくださいね。

 

初出:美レンジャー  ライター:玉村麻衣子

この記事をシェアする

Pocket


あなたにおすすめの記事


ペンシルより断然「アイブロウパウダー」!自然な立体眉の作り方の関連カテゴリー

あなたにおすすめの記事