Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
敏感肌さん必見!日中は肌負担が軽いメイクアイテムでゆらぎを脱出! | Baygiare.info- baygiare.info
肌質別スキンケア
2018.1.3

敏感肌さん必見!日中は肌負担が軽いメイクアイテムでゆらぎを脱出!

1年中敏感肌の人はもちろん、季節や体調からくるものに悩まされてる方も必見!スキンケアはもちろん、日中のメイクアイテムも敏感肌対応のものが続々登場しているんです!肌を早めになんとかしたい方はメイクアイテムもぜひCHECKして!

 

化粧下地はSPF値が高すぎず、肌負担になりにくいものを!

肌が敏感気味なときはなるべく肌負担を減らしたいもの。とはいえ紫外線はさらなるダメージを引き起こすので、日焼け止め効果のある下地はマスト。ただし秋冬はSPF25~30くらいの低めのもので充分です。
170919_biteki_%e6%95%8f%e6%84%9f%e8%82%8c046_fix

A 気になるくすみや色ムラを自然にカバー
常盤薬品工業 ノブ ベース コントロールカラー UV ラベンダーピンク SPF30・PA++ 30g ¥2,500

B しっとりなじんで白浮きなし。保湿クリーム感覚で使える
ピエール ファーブル ジャポン アベンヌ デイプロテクター UV EX SPF30・PA+++ 40ml ¥3,000(編集部調べ)

C ライトファンデーションとして使える美肌ベース
HANAオーガニック ウェアルーUV SPF30・PA++ 30ml ¥4,000

D 花粉や大気汚染などから肌を保護しながらほんのり肌色カバー
資生堂インターナショナル dプログラム アレルバリア エッセンス BB SPF40・PA+++ 全2色 40ml ¥3,000

 

ファンデーションは刺激にならずにふんわりカバーできるパウダータイプで

肌に悩みを抱えているときはなおさら、カバーして美肌に見せたいもの。できる限り肌負担は減らしたいので、ファンデーションはピッタリ密着するリキッド系よりは、ふんわりカバーのパウダータイプで。
170919_biteki_%e6%95%8f%e6%84%9f%e8%82%8c052_fix

A カサつきがちな朝でもしっとりとなめらかな肌なじみ。
アクセーヌ シルキィモイスチュア ファンデーション N SPF15・PA+++ 全6色 ¥5,500

B 潤いラッピング処方で肌そのものの潤い&ツヤを長時間キープ。
ファンケル パウダーファンデーション モイスチャー SPF25・PA+++ 全7色 ¥3,428

C 進化形ミネラルパウダーで、くすまずつるんとした艶っぽい肌に。
ネイチャーズウェイ ナチュラグラッセ クリアパウダー ファンデーション SPF40・PA++++ 全6色 ¥4,200

D ふわっとしたルースタイプながらも、シミ、色ムラや毛穴なども隠す頼もしいカバー力。
花王 キュレル パウダーファンデーション SPF23・PA++ 全2色 ¥2,300(編集部調べ)

 

ポイントメイクも低刺激性やミネラルコスメなどをチョイス

昨今は、色素や自然由来成分にこだわった低刺激メイクアイテムもバリエ豊富。とはいえ、肌が過敏すぎるときはメイクはお休みして、頬に保湿バームをのせてツヤ出しするくらいにとどめ、肌を休ませてあげて。

170919_biteki_%e6%95%8f%e6%84%9f%e8%82%8c063_fix

A クリームベースで目元にもしっとり。
HANAオーガニック ウェアルーマルチアイズ ¥3,800

B 肌に刺激になるタール系色素不使用。
常盤薬品工業 ノブ チークカラー C-PN ¥2,500

C 目元のかゆみを抑える効果も。
エトヴォス ミネラルクラッシィシャドー ロゼブラウン ¥4,000

D 敏感な唇を多角的にケア。
MiMC ミネラルルージュ 19 ¥3,500

E 天然色素のみで鮮やかな発色を実現。
エトヴォス ミネラル ルージュ クラシカルレッド ¥3,000

F アレルギー専門医発のコスメ。グルテン&パラペンフリー。
ノアビューティー フィジシャンズ フォーミュラ シマーストリプスアイシャドウ&ライナー SEE02 ¥1,900

 

 

 

敏感肌の正しいお手入れを教えてくれたのは…

_u3a9841
美容家
水井真理子さん
有名美容家のもとでエステティシャン、講師、マネジメントなどを経て、現在は雑誌、講演などを中心に活躍中。肌を見てその人のライフスタイルや美容習慣を言い当て、的確なアドバイスに定評あり。

 

 

『美的』12月号掲載
撮影/フカヤマノリユキ(人物)、恩田はるみ(静物) ヘア&メイク/広瀬あつ子 デザイン/GRACE.inc 構成/門司紀子

この記事をシェアする

Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事