肌質別スキンケア
2018.3.10

花粉症の方必見! 鼻のかみすぎでボロボロになった肌を守る方法は?

敏感なときは、肌の内部が軽い炎症状態になっています。そこに花粉や紫外線、乾燥などの刺激が加わると、ますます肌あれが悪化してしまうことに。ガードしながら美肌にメイクするテクを7人の美のプロが指南!
今回のお悩みは、花粉症の方必見! 鼻のかみすぎで、鼻周りがボロボロ…というもの。美容愛好家・野毛まゆりさん、美容エディターの大塚真里さんと安井千恵さんに解決してもらいました!

Q. 鼻のかみすぎで鼻周りの肌がボロボロです…

A.ティッシュを湿らせて使うと、肌への摩擦が減ります

q42
「ティッシュをミストで湿らせてから使うと、肌当たりが柔らかくなりますよ。ミストはどんなタイプでもok。顔の保湿にも使えるので1本携帯すると便利です」(野毛さん)

 

 

A.ハンドクリームでもリップクリームでもいいから、鼻をかむ度に先に塗って保護。
かんだ後も、ベッタベタ塗りで保湿するといい

q41
「鼻のトップだけでなく、鼻の下や小鼻わきなど、ティッシュの当たる部分全部をクリームでガードするのがコツ」(安井さん)
「肌があれているときは、ベッタベタに塗ってマスクで隠せばスチームパックに」(大塚さん)

q44
こっくり高保湿な油分リッチタイプを
大塚さんおすすめ。
資生堂薬品 イハダ 薬用バーム[医薬部外品] 20g ¥1,350

q43
「密着力が高くてベタつかず優秀」(安井さん)
ピエール ファーブル ジャポン アベンヌ 薬用ハンドクリーム[医薬部外品] 102g ¥1,500

 

\7人の美肌レスキュー隊/
201804gbinkanhada1
(左から)
美容エディター/大塚真里さん
美容エディター/安井千恵さん
美容研究家/上田祥子さん
美容家/深澤亜希さん
美容家/水井真理子さん
美容愛好家/野毛まゆりさん
銀座ケイスキンクリニック院長/慶田朋子ドクター

 

 

『美的』4月号掲載
撮影/長谷川 梓(人物)、河野 望(静物) ヘア&メイク/木村三喜 スタイリスト/田中麻理乃(人物) モデル/杉浦花菜 イラスト/小松容子 構成/もりたじゅんこ

この記事をシェアする

Pinterest Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事