お悩み別ケア
2018.6.14

紫外線で黒くなるけど、アウトドア派のあなたにおすすめ! 先端日焼け止め&保湿化粧水などお守りコスメをご紹介

紫外線に当たると肌が黒くなってしまうけれど、アウトドアが大好き! という方も多いはず。こすれにも強い新処方の日焼け止めや、飲む日焼け止めで徹底的に紫外線ダメージを防いで。おすすめアイテムをご紹介します!

日焼け止めは、こすれプルーフがおすすめ。角質&保水ケアも強化して代謝のいい肌へ

紫外線に当たると黒くなり、夏はアウトドア派というあなたは、肌質からもライフスタイルからもメラニンが最も多く生成され、シミができやすいタイプ。汗を拭う仕草や服の摩擦など“こすれ”に強い先端の日焼け止めを使い、まずは紫外線ダメージを徹底的に防いで。普段からたっぷり潤し、角層をなめらかに整えることも大切。

【朝】新処方・こすれにも強いUVで紫外線に隙を見せない!

汗、水、皮脂はもちろん、こすれても落ちにくい最新の日焼け止めを全身に塗り、夏の日差しに対抗!
「ファンデーションもUVカット効果があるものを。重ねることで、防御効果が高まります」(皮膚科医・高瀬先生)

bia41318
(左から)
しっとりサラサラで快適!
美容液成分配合。サラサラの使用感が持続。
カネボウ化粧品 アリィー エクストラUV パーフェクト SPF50+・PA++++ 60ml ¥2,100(編集部調べ)

水に触れてUV効果がアップ
汗や水に触れ、紫外線ブロック膜が強くなる。
資生堂 アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+・PA++++ 60ml ¥3,000(編集部調べ)

【日中】抗酸化作用をもつUVコスメで午後の日差しに耐えられる肌へ

日差しが強くなる午後へ向けて、UVケアを再び強化。
「日焼け予防だけでなく、ビタミンCなど紫外線による酸化ダメージを防げる成分が配合されたUVコスメを重ね、抵抗力アップも狙って」(高瀬先生)

bia413182
(左から)
3種のビタミンCがイン!
高瀬聡子先生監修のUVスプレーは、守りながら攻めのケアもできるのが特徴。
アンプルール VCサンプロテクトスプレー SPF50+・PA++++ 70g ¥2,000

日本生まれの飲む日焼け止め
UVケア成分のほか、紫外線による炎症を起こしやすい日本人の肌が喜ぶ成分も配合。
ロート製薬 ヘリオホワイト 24錠(12日分) ¥2,400

【使い方のポイント】
紫外線を浴びる前の服用が効果的。紫外線が特に強いレジャーシーンでは、朝の外出前にとって。塗るタイプの日焼け止めも必ず併用すること。

【夜】角質ケアも投入して水分を欲張り、代謝のいい肌へ育む

きちんと潤った肌は、紫外線の侵入を防ぐバリア機能が高い。
「頑張るべきは保湿ケア。角質ケアも追加するとスキンケアの浸透がアップ。ターンオーバーが整い、メラニンが排出されやすい肌へ」(美容家・水井さん)

  \72時間持続型保湿を実現!/\穏やかに取り去る角質ケア/
bia413183

(左から)
クリニーク モイスチャーサージ 72 ハイドレーター 29g ¥4,500

速攻&継続的に保湿。
クリニーク モイスチャー サージ ハイドレーティング ローション 100ml ¥3,800

コットンに含ませ、洗顔後の肌を拭き取って。
ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ プレソリューション 150ml ¥13,500

 

教えてくれたのは…
皮膚科医 高瀬聡子先生
美容皮膚科「ウォブ クリニック 中目黒」総院長。自身のスキンケアブランド「アンプルール」は美容賢者にも好評。

大正製薬 商品開発部 山下真代さん
赤くなって戻る肌~すぐに黒くなる肌を3タイプに分けて日焼け止めを展開する「コパトーン」の開発にも携わる。

美容家 水井真理子さん
透明感の高いしっとり美肌のもち主。深い知識から生まれるオリジナルの美容テクニックも、簡単&効果的と話題。

 

『美的』7月号掲載
撮影/河野 望(静物) 撮影協力/Getty Images 構成/北川真澄

この記事をシェアする

Pinterest Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事